「こむら返り、むくみ、だるさなど足に違和感を感じている人は一度検査することが大切」と野口院長。下肢静脈瘤の症状は潜伏していることもある。

血管外科医

のぐち血管外科クリニック

院長

野口康久さん

のぐち・やすひさ●金沢医科大に17年勤め、昨年開業。日本外科学会専門医、日本脈管学会専門医、日本血管外科学会認定血管内治療医、下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医、医学博士。趣味は愛犬の散歩。
Genre
健康
Area
金沢市

足の悩みに応える「下肢静脈瘤」のエキスパート。

医師として20年以上、下肢静脈瘤に従事。その経験をもっと多くの人に役立てたいと、昨年『のぐち血管外科クリニック』を開業した。下肢静脈瘤は出産後の女性の二人に一人がかかると言われるほど身近な病気だが驚くほど知られていない。だからこそ、待っているだけでなく地域の中に入っていこうと腹を固めたのだ。野口院長は「私たちが目指すのは足のよろず相談所です」と言うように、大学病院級のハイレベルな設備で下肢静脈瘤治療に万全を期すのはもちろん、手足のむくみなどにも対応。血管外科医としての幅広い見識と今までの経験を活かし、悩みを持つ人を手助けしたいと語る。とりわけ大切なのは専門家ならではの目だ。今ではたった10分ほどの検査でわかるようになったが、問題はその後の対応。保存的治療で様子を見るのがいいか、いますぐに手術が必要かなど、様々な選択肢を提案できるのは長い経験があるゆえ。手術が必要な場合は、日帰りで所要30分程度。そこでも大学病院1000件以上の手術を手掛けた腕が生かされる。「手術はそのまま歩いて帰れるくらいの簡単なもので痛みはほどんどありません。まずは気軽に相談してみてください」。

最新の治療・検査機器で万全の体制。

「エコー(超音波)検査」などで、下肢静脈瘤の原因がないかどうかを確認。

明るくて開放的な癒しの空間が広がる。

昨年5月に開業した新しいクリニック。高い吹き抜け空間の大きな窓から外光が差し込む気持ちの良い雰囲気だ。

INFORMATION

■下肢静脈瘤(下肢の血管が怒張して、ボコボコした見た目となる)が気になる方、かゆみやこむら返り、痛み、違和感がある方はお気軽に相談ください。■精密検査や特別な治療が必要と判断した場合は金沢医科大学と連携対応。■保険治療認定施設。

  • のぐち血管外科クリニック
  • 石川県金沢市直江南1-28-1
  • TEL/076-239-1122
  • 営/9:00~12:30、14:00~18:00、木・土9:00~12:45
  • 休/木・土の午後、日・祝
  • P/あり
  • http://noguchi-vsc.com/
  • ※掲載されている情報は、2019年2月2日以前に取材した内容です。
  • ※本サイトに掲載されている記事の内容は時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※本サイトに掲載されている記事に掲載されている料理、又、使われている食材は季節によって異なる場合がございます。
  • ※掲載されている情報は、2019年2月2日以前に取材した内容です。
  • ※本サイトに掲載されている記事の内容は時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※本サイトに掲載されている記事に掲載されている料理、又、使われている食材は季節によって異なる場合がございます。

その他、このスポットが掲載されている特集

北陸でNo.1のエンタテインメントマガジン最新号

Clubism 6月号

(2019.05.20発売号)