魚津の夏の風物詩「水だんご」を受け継ぐショップ。

魚津ご城下の台所 藤吉

Area
呉東エリア

「水だんごパフェ」(600円)にはソフトクリーム、富山県産青大豆で作る特製きな粉がたっぷり。

「水だんご」の材料は水、米粉、片栗粉といたってシンプル。流水で団子についた打ち粉を流して食べる。

パッケージされた水だんごは300円。自宅に持ち帰って水で洗い流すのも楽しい体験。

明治30年創業から続く卸問屋『大野商店』の6代目が2012年にオープン。国内外から仕入れた食材・食品や手作り惣菜などを取扱い、地元の人から日常的に親しまれている。看板商品「水だんご」は地元の夏の風物詩。この商品を生んだ老舗菓子店『河田屋』の閉店にあたり、以前から縁のあった同店が製法やロゴマークを受け継いだ。「もっと多くの人に知ってもらいたい」と2016年に「水だんごパフェ」を発売したところ人気に火が付き、これ目当てに遠方から足を運ぶ人も多い。

  • 藤吉
  • 富山県魚津市中央通り2-8-8
  • TEL/0765-32-4249
  • 営/10:00~18:00
  • 休/日曜
  • P/3台
  • ※掲載されている情報は、2019年6月7日以前に取材した内容です。
  • ※本サイトに掲載されている記事の内容は時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※本サイトに掲載されている記事に掲載されている料理、又、使われている食材は季節によって異なる場合がございます。
  • ※掲載されている情報は、2019年6月7日以前に取材した内容です。
  • ※本サイトに掲載されている記事の内容は時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※本サイトに掲載されている記事に掲載されている料理、又、使われている食材は季節によって異なる場合がございます。

北陸でNo.1のエンタテインメントマガジン最新号

Clubism 6月号

(2019.05.20発売号)