デザイン、コンセプト、スペックで価値をつくる。

住宅設計・施工 シィー・プランニング

Area
金沢市

常設展示場「3rd-houseつなぐ家」の全景。玄関アプローチ、ウッドデッキ、斜めの屋根など、自然の光や空気と繋がる様々な特徴が家全体の個性になっている。

価値ある家をつくるデザインコンセプト。

設計事務所のデザイン力と地域密着型工務店が持つ堅実さや俊敏さを兼ね備えた『シィー・プランニング』。デザイン力と、ハイスペックを実現する施工力に、施主の希望や思いをコンセプトにまで高める力量が加わり、新築着工数を伸ばしている。常設の展示場となる家「3rd-houseつなぐ家」は同社が未来の住まいを具体化し実感してもらうために建てたモデルハウス。外と中の一体感を意識した空間づくりで広く見えるのが特徴だ。寝室は静かに眠ることの機能に集中し、いたずらに広げず、他方、皆が出入りし長時間滞留するLDKはゆったりとさせている。家事動線は楽にスムーズに。土間を設けることで、家族のイベントも可能にし、わずかな非日常性をもたらした。暮らしの様々な局面をイメージして、多彩なスペースが提案され、企画設計された家である。また、最近注目されているゼロエネルギー(ZEH)住宅を格好よく建てた実例ともなった。

右/金沢らしい借景を持つ立地に建てた家の玄関アプローチ。家に帰るたびに贅沢な気分と大いなる安堵感をもたらすこの設計は同社の受賞作の一つとなった。左/どの部屋からも金沢らしい眺望をえることができ、機能と居心地のよさを高い次元で両立させている。

コミュニティーや環境まで配慮した家。

現代の住まいに求められている課題は実に多く、その中でも重要なことは、周囲の環境やコミュニティー、街づくりに暮らしが上手に溶け込み、連動することである。「3rd-houseつなぐ家」はそこに住むことが外空間や空や街とつながっている感覚をデザインした家でもある。中と外の区切りが自然と繋がって行く玄関アプローチ、自然の光を採りこむための斜め屋根と吹き抜け、ウッドデッキ、リビングと一直線で結ばれる。

右下/外部に連続する土間と室内。その中間領域で光を採りこんでいる。左/美しい土間を持つリビング。空間の余裕が住む人の心と生活に潤いを与えてくれる。

「いい家プロジェクト」が社内で進行中。

いま同社では「いい家プロジェクト」が進行中。「いい家」とは、住む人が安心で快適に長く満足感を持ち続け、笑顔の絶えない健康的な空間だと感じられること。日本本来の自然を心地よく感じる暮らし方を念頭に、耐震、断熱、保証など現代の高い水準も満たしていること、それらの具現化だ。加えて、地域の風土や環境に合い、何よりも住む人の感性に合った家づくりを同社は総合的に設計する。「いい家」は、住んでいる人達が気持ちいいと感じる様々な要素を盛り込んでいる。光や空気の流れ、気候の変化などを巧みに計算し、コントロールした家だ。また、「いい家」は楽しい暮らしがある家でもある。家族の語らいやプライバシーの保全、家事のシンプルな動線、子育て、趣味など多岐にわたった配慮がある。そして「いい家」はかっこいい家でもある。シンプルで洗練されたデザイン、飽きの来ない色合いや素材の持ち味が求められる。『シィー・プランニング』はそれらの全体が価値になるような提案を行っている。

中庭を介し、リビングとダイニングをつなぐ設計は、自然の変化や豊かさを暮らしに取り込んでいる。

pickup

景色を活かす全体設計。

家から見える景色をどのように活かすのかはその家の付加価値になるので、景色が最大限活きる設計を提案。

pickup

好みに合わせた提案。

施主の趣味や好みを住まいの随所に取り入れたり、反映させたりした部屋の提案が期待されている。

リノベ、不動産も相談できる。
『シィー・プランニング』は近年業容の拡大とともに、リノベーション、リフォーム、不動産を取り扱う『リーズン・フォーム』を設立。物件探しから店舗設計施工、住宅のリフォームや町家のリノベーションまで幅広く深く手掛けている。ノウハウと情報を共有しながら、家づくりをトータルに提案している。
http://www.r-form.co.jp

INFORMATION

モデルハウスの見学は随時受付中。要予約。建築事例集は、問い合わせれば贈呈される。インスタグラムで情報を入手できるほか、最近完成した専用のアプリからも情報を受け取ることができる。

  • シィー・プランニング
  • 石川県金沢市八日市1-639
  • TEL/076-287-3951
  • 営/9:00~18:00
  • 休/不定休
  • http://www.c-pla.co.jp
  • ※掲載されている情報は、2018年9月3日以前に取材した内容です。
  • ※本サイトに掲載されている記事の内容は時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※本サイトに掲載されている記事に掲載されている料理、又、使われている食材は季節によって異なる場合がございます。
  • ※掲載されている情報は、2018年9月3日以前に取材した内容です。
  • ※本サイトに掲載されている記事の内容は時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※本サイトに掲載されている記事に掲載されている料理、又、使われている食材は季節によって異なる場合がございます。

その他、このスポットが掲載されている特集

北陸でNo.1のエンタテインメントマガジン最新号

Clubism 6月号

(2019.05.20発売号)