特集まとめ:会社見学

独自の技術で世の中にない物を作り上げる会社。

株式会社ソディック

Genre求人

向上心と技術で日々進化。未来へ繋がるモノづくり。

創業当初24人のスタッフからから始まった『ソディック』。放電加工の研究、NC装置開発などにより加工性能を飛躍的に向上させ、1987年には「放電加工機の生産工場」として全自動化をコンセプトに、福井工場に次ぐ中核拠点として北陸に二つ目となる加賀工場が誕生した。現在は、金属製作や部品加工を生産する工作機械や、プラスチック製品の成形を主とした射出成形機、食品工場で活躍する食品機械などを開発から設計、組み立てを行っている。それらの機械に重要な機幹部品なども自社技術で生産し、他社に例をみないほど高い内製化率を実現。加賀工場で生産するものは、モノづくりを支える機械や技術発展に貢献できるように独自開発によって作られた最先端の製品だ。

独創的な技術開発力で高精度・高効率化を実現。

その優れた技術は、海外での需要も高く、『ソディック』の製品市場は、グローバルへと拡大。24人から始まった小さな会社だったが、現在では総従業員数3651人を抱える大きな会社へと成長した。「世の中にないものは、自分たちで創る」といった姿勢を貫いてきた、社員たちのモノづくりへの思いは計り知れない。受け継がれた技術で時代をリードする独自の技術力が世界のモノづくりを支えている。加賀工場では、社員全員で生産工場内の5S活動をはじめ、様々な品質向上活動などの取り組みを行い、常に清潔で働きやすい環境作りが、原点となっている。

製品の骨組みの製造作業風景。溶接などを念入りに確認しながら丈夫な土台を作っている。

止まることのない飛躍、世界のモノづくりに貢献。

加賀事業所では、多様な製品を生産できるようにと新工場の設立が動き出している。今までは、工作機械や射出成形機を別々の工場で生産していたが、需要拡大に伴い、機械を柔軟に生産できる「マルチファクトリー」と位置付け着工が進んでいる。さらに、食品加工機械の生産体制の拡充のため、工場の増築も決まり、今年9月に稼働を予定している。同社では、製麺機械を中心に食品製造設備の製造販売を行っており、製麺装置は、大手食品メーカーからコンビニエンスストアの調理麺工場など多くの食品工場で活躍し、私たちの食生活を大きく支えている。世界のモノづくりを支える『ソディック』のモノづくりは進化し続けていく。そんな一員として携わることは、社会への貢献とやりがいへと繋がるだろう。自分の手でさらなる可能性を切り開くことができる企業だ。

会社概要

株式会社ソディック
●設立/昭和51年8月3日(創業/昭和46年)
●資本金/207億
●売上/656億円(連結)、368億円(個別)
●従業員数/3,651名(連結) 、701名(個別)
●連結子会社/22社 ※平成29年12月末現在

  • ※掲載されている情報は、2018年12月26日以前に取材した内容です。
  • ※時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※掲載されている情報は、2018年12月26日以前に取材した内容です。
  • ※時間の経過により実際と異なる場合があります。

OTHER SPOT

その他のスポット