レストラン オオタ

Area
金沢市
Aランチ/3,200円
Course Menuアミューズ
前菜
カブのポタージュ
本日のお魚料理又は能登豚「αのめぐみ」のソテー
又は牛ヒレ肉のソテー(+300円)
本日のデセールと食後のお飲み物

塩加減が絶妙な能登豚「αのめぐみ」のソテーは長ネギ、菜の花を添えて。ゴボウのピューレ、カカオパウダーと合せて味わう。

カキの旨みが凝縮したカキとキャベツのスープに、ねっとりとした甘みのビーツと天然ホタテ、無農薬のサラダ。

オープン当初から人気の前菜「サーモンのリエット」は繊細で軽やか。レモンが爽やかに香る。

じわっと優しい味わいがするカブのポタージュ。 カブの葉の部分を使った飾り付けが美しい。

フレッシュでジューシーな金柑、自家製みかんのジャムが贅沢にのったタルト。春だけしか出合えない一品。

店主夫婦が織り成す包み込むような温かなフレンチ。

入店するとまず、厨房から聞こえてくる包丁のリズムやフライパンで焼き上げる調理音に期待が高まる。「お客さんの顔が見たくって」と話す、店主の大田満昭さん。料理が運ばれてくるまでの時間も楽しんでもらいたい、そんな思いからオープンキッチンを備えた。シンプルでありながら、花器や装飾、アンティークのティーカップなど、さりげないところにこだわりが詰まっている店内。窓からは3月にはミモザ、4月になると桜が望める。「とにかく食材ありき」と大田さん。厳選した食材の食感や旨みをより一層際立たせる味付け、様々なソースとの組み合わせにより新たな魅力に気づかせてくれる。デセールは秋冬に登場するモンブランが有名だが、春から始まる「季節のフルーツタルト」こそぜひ、味わってもらいたい一品。県内各地の選りすぐりのフルーツをふんだんに使ったタルトが、テーブルに旬を運んできてくれる。

ヴィンテージの食器棚や壁に飾られた絵画などさりげないセンスが光る。

花器や食器、店内の装飾から大田シェフ夫妻のこだわりが伝わってくる。食後のコーヒーは、アンティークのカップで提供している。

INFORMATION

その他のランチ/平日限定ランチ2,100円、Bランチ4,000円、Cランチ5,000円

  • オオタ
  • 石川県金沢市稚日野町北41
  • TEL/076-267-2812
  • 営/11:30~13:30(L.O.)、18:00~20:30(L.O.)
  • 休/月曜、火曜の昼、第3日曜 ※予約が好ましい
  • 席数/15席、半個室1室
  • P/15台
  • ※掲載されている情報は、2019年3月20日以前に取材した内容です。
  • ※本サイトに掲載されている記事の内容は時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※本サイトに掲載されている記事に掲載されている料理、又、使われている食材は季節によって異なる場合がございます。
  • ※掲載されている情報は、2019年3月20日以前に取材した内容です。
  • ※本サイトに掲載されている記事の内容は時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※本サイトに掲載されている記事に掲載されている料理、又、使われている食材は季節によって異なる場合がございます。

北陸でNo.1のエンタテインメントマガジン最新号

Clubism 7月号

(2019.06.20発売号)