開催中

名和晃平 Foam

《Foam》 installation view, “FUKAMI –une plongée dans l’esthétique japonaise”, Hôtel Salomon de Rothschild, Paris, France, 2018 soundscape: HARA Marihiko photo: OMOTE Nobutada | SANDWICH ©️NAWA Kohei

生成と消滅を繰り返す泡から生命の根源を連想させる。

世界を代表する美術館のひとつ、ルーヴル美術館で新作を発表したばかりの気鋭作家。現代美術家・名和晃平は名実ともに日本の現代美術界をリードする作家の一人だ。ビーズやプリズム、発泡ポリウレタンなど様々な素材を用いて、ピクセル(画素や細胞、器)という概念を軸に作品を発表し続けている。その表現の多彩さと造形美はアートファンのみならず、建築やファッションデザイナーなど各界のクリエイターを刺激している。本展の作品は金沢では初公開の作品なので、くれぐれもお見逃しなく。

名和晃平 photo: OMOTE Nobutada ¦ SANDWICH

開催日
[開催中]4月27日(土)~8月25日(日)
休館日/月曜(ただし5/6、7/15、8/12は開場)、 5/7(火)、7/16(火) 
開催時間
10:00~18:00※金・土は~20:00
開催場所
金沢21世紀美術館 展示室13
石川県金沢市広坂1-2-1
料金
無料
主催
金沢21世紀美術館
問い合わせ先
金沢21世紀美術館
TEL/076-220-2800
  • ※掲載されている情報は、2019年5月22日以前に取材した内容です。
  • ※本サイトに掲載されている記事の内容は時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※本サイトに掲載されている記事に掲載されている料理、又、使われている食材は季節によって異なる場合がございます。

北陸でNo.1のエンタテインメントマガジン最新号

Clubism 6月号

(2019.05.20発売号)