おでかけカフェめぐり

店主の思いが詰まったカフェが、金沢から少し足を延ばした場所にちらほらと。
春の陽気に背を押され、お出かけ気分があがるこの季節に、足を運ぶだけでも満足できるカフェをご紹介。癒しやリフレッシュ、小さな発見・・・。きっとあなたのフェイバリットプレイスが見つかるはず。

LAGO BIANCO
NEW

LAGO BIANCO(ラーゴビアンコ)

加賀エリア

北陸の雄大な自然を大パノラマで楽しめるカフェ。

加賀三湖の中でも唯一干拓されずに自然のままの姿を残す木場潟。その湖畔で、白山連峰を大窓から一望できるカフェとして2017年にオープンしたのが『ラーゴビアンコ』だ。対岸の桜並木は四季で表情を変え、野鳥が...

read more
coya-p
NEW

coya-p

加賀エリア

ハーブやスパイスの香りに豊かな自然の恵みを実感。

山中温泉の住宅地に佇む『コヤピ』は、人をつなぐ場になるようにと設計士が名付けた「小屋プロジェクト」が店名の由来。扉を開けるとスパイスの香りが鼻孔をくすぐり、店主の野崎夫妻が作り出す世界観に一気引き...

read more
ウミネコパーラー
NEW

ウミネコパーラー

能登エリア

人と食の繋がりを大切に新たな交流を生み出す場。

七尾北湾の静かな海辺に佇む『ウミネコパーラー』。東京に生まれ茨城県に暮らし、穴水町新崎地区に移住した現役看護師の足立秀幸さんがパートナーの土倉菜々香さんと二人三脚で営むカフェだ。元々旅好きだった足...

read more
hibini

hibini(ヒビニ)

かほくエリア

ゆるやかな時間と共にエスニックなごはんを。

古い家具ややわらかな色合いのドライフラワー、海外の民芸品がこぢんまりとした空間に静かに配される『ヒビニ』。時を経たものが持つ独特のあたたかみと共に店を包むのは、高揚感を誘うスパイスの香りだ。店主・竹...

read more
おもてや

おもてや

白山市

人気店の次なる一手は山海の幸を味わう食堂カフェ。

大判焼きでお馴染みの『山法師』が2019年3月に2号店をオープン。大判焼きの焼場と、広い食堂カフェを設けた。本店周辺にスケートパークがあるつながりで、スケーターが中心となり店を切り盛り。料理長の南大道さ...

read more
ATAKA CAFE

ATAKA CAFE(アタカカフェ)

加賀エリア

爽やかな日本海の景色を、 料理と共に味わい尽くす。

2018年6月にリニューアルした安宅ビューテラスに、県内で精力的に活動する『タキガハラファーム』のカフェ2号店が出店。店内にはゆったりと座れるインテリアが配されている。壁一面の窓からは安宅海岸が、夕方に...

read more
空間樂

空間樂(アマラ)

能登エリア

築119年の古民家カフェは能登島食材の魅力を一膳に。

重厚な梁に開放感のある間取りが印象的。七尾南湾の穏やかな風景を借景とする『 空間樂(あまら)』は、能登で生まれ育った赤坂治美さんが夫・正彦さんと2017年にオープンさせたカフェだ。長く食の仕事に携わって...

read more
PEACE riders marine base

PEACE riders marine base

能登エリア

奥能登の自然に囲まれてスローな時間が生まれる。

内浦の穏やかな海越しに立山連峰を望む絶好のチルアウトスポット。アメリカの大陸横断道路「ルート66」沿いにあるカフェをイメージしたという店内には、1950年~60年代のオールディーズの名曲が流れている。2016...

read more
サロン ド カフェ トロワ

サロン ド カフェ トロワ(サロン ド カフェ トロワ)

加賀エリア

心地良い暮らしを探り、カルチャーを発信する。

シルバーを基調としたインテリアにキッチュな電飾。20年近く粟津温泉街で愛されたゲームセンターの内装をモードに生かした店内はとてもインプレッシブ。『トロワ』は、身体を思いやるベイクやコールドプレスジュ...

read more

OTHERS SPECIAL

その他の特集まとめ

MORE

北陸でNo.1のエンタテインメントマガジン最新号

Clubism 6月号

(2019.05.20発売号)