特集まとめ:喫茶店が、好き。

画廊喫茶の趣を残す空間と藩政期から続く庭に憩う。

プラザ樹

Area
金沢市

大きな窓から日光がたっぷりと注ぎ、ほどよく明るい店内。奥に見えるのは現在の大樋陶冶斎が若い頃に手掛けた陶板の壁。椅子には上質な生地を使用。天井には球体のスピーカーがある。

オフィスビルやホテルが建ち並ぶ尾山町の古ビルの中、足を踏み入れると目の前に広がる美しい庭と昭和の贅を尽くした空間に息を飲む。『プラザ樹』は昭和47年に1階を喫茶、2階を画廊として開店(現在、画廊は閉店)。画廊に訪れる客を上質な空間で迎えるべく内装の素材や設いに高品質なものを使用。店内奥の壁には現在の大樋陶冶斎が手掛けた陶壁を設けるなど随所にこだわりが感じられる。特筆すべきは藩政期から代々のオーナーに大切に手入れされ守られてきたと言う庭で、江戸時代末期に朝鮮から渡来したと言われる国内でも珍しい灯篭や大きく見事な赤松、希少な庭石などが並ぶ様は一見の価値がある。
メニューの飲み物と軽食は開店時からほぼ変わらない。味付け海苔が入った名物の「ホットサンド」やハンドドリップで淹れる日替わりのコーヒーが人気だ。店内にはクラシックや昭和のゆったりとしたポップソングが流れ、まるで過去から時が止まっているかのような雰囲気が漂う。貴重なこの空間の美しさを一度堪能してほしい。

すっきりした味わいの「クリームソーダ」(550円)。

オーナーがセレクトした絵画や器も展示されている。

INFORMATION

その他のメニュー/日替りストレートコーヒー 400円、サンドイッチ 550円、ロイヤルミルクティ500円、お抹茶 500円 

  • プラザ樹
  • 石川県金沢市尾山町6-22
  • TEL/076-232-3258
  • 営/9:00~16:30L.O.
  • 休/土曜、日曜、祝日
  • 席数/33席 ※喫煙可
  • P/1台
  • ※掲載されている情報は、2019年3月5日以前に取材した内容です。
  • ※時間の経過により実際と異なる場合があります。
  • ※掲載されている情報は、2019年3月5日以前に取材した内容です。
  • ※時間の経過により実際と異なる場合があります。