幸せのかたち 2016年2月号
10/16

岡田 尭さん(82歳)横安江町を東京の巣鴨のように活性化させて、シニアがもっと集まれる場所にしたいです。答羽場敏子さん(81歳)早く腰を直して民舞や「高砂悠々健康クラブ」にできるだけ休まずに参加したいです。答高橋多満子さん(96歳)新舞踊はもちろん、女性を美しく輝かせることができるブティックの仕事を頑張ります。答俵 鈴枝さん(83歳)旅行。船旅や海外にも行きましたが、今年は『東京スカイツリー』を観に行きたいです。答浅野明津子さん(80歳)健康を維持して、毎日を楽しく過ごすこと。長年やっているお茶も続けて行きたいです。答谷内百合子さん(83歳)古きを知り新しさを味わいたいです。物や風景など歴史のあるものをたくさん見たいです。答橋田富子さん(71歳)山登りが趣味なので毎年白山や立山へ。今年こそは未体験の富士山に登りたいです。答小原邦久さん(79歳)楽しむためにある人生を真面目と遊び半々に、大いに味わいつくし今を大切に生きたいです。答いきいきスナップ今年も恒例の「高砂大学校同窓会 新春のつどい」に伺いました。新しい年を華やかな装いで迎えた方々をご紹介。輝くシニアを発見!※各種イベント、お集まりの時に写真撮影をしませんか? ご希望の方は「幸せのかたち」編集部まで。今年やりたいことは?問今年は175名の同窓生が参加した。長井よし子さん(85歳)昨年はケガをして踊りをお休みしておりましたので、今年は民舞を頑張りたいと思います。答細川和枝さん(84歳)高砂大学校も15年目。今年もクラブの仲間の皆さんと仲良く楽しい時間を過ごしたいです。答8

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 10

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です