幸せのかたち 2015年11月号
10/16

8はじめ、金沢市教育委員会の野口教育長らが参列し、金沢市の高齢者の健康長寿の有り様を目にしていた。 いつまでも元気な高齢者であるために。日々の活動の積み重ねを、時折、大勢の前で披露する。そんな適度な緊張の場を持つことが、元気の秘訣なのだろう。 金沢市在住の65歳以上の元気なシニアが集う高砂大学校。その同窓会の主催により、今年もさる10月6日、「高砂生きがい演芸大会」が金沢歌劇座の大ホールにて開催された。 当日は、朝から夕方まで、65歳以上、104歳までの自立した高齢者1067名が41の演目で日々の活動の成果を発表した。 内容は、歌あり、ダンスあり、演奏あり。会場に詰めかけた2480名の観客を前に、いつまでも元気な高齢者であることをピーアールした。 来賓には、金沢市の山野之義市長生活Life 高砂生きがい 演芸大会アクティブシニアの元気の秘訣とは。で、ひとりでも多くのミドル・シニアの皆様に〝働く場〞と〝生きがい〞となる輝く場を提供したい」という。 同社では、60歳以上の知識も経験も体力もあり、「働く意欲」も充分にもった人を対象に企業と求職者のマッチングを支援。求職者に適した求人企業を紹介する他、就業後の相談や悩み等のアフターフォローまで一貫して行っていく。 生涯現役で、自分を活かした仕事が続けられるかどうか。同社の今後の取り組みに大いに期待したい。 年々、高齢化が加速度的に進行し、現役世代の生産人口がどんどん減っていく中、各企業にとって、高齢者雇用の話は、早期に取り組むべき課題となってきている。 こうした中、高齢者の雇用支援を行う企業が目立ち始めている。今年、10月にスタートした『セカンドキャリア60』もその一つだ。 北陸で初めてのシニア専門人材サービスと銘打つ同社。代表の川島社長は、「経験や技術を持つ、中高年世代の就職支援事業に取り組むことセカンドキャリア60のホームページ。生活Lifeセカンドキャリア60北陸発のシニア専門人材サービスが登場。むさし白銀六枚上堤町玉川町市立図書館前セカンドキャリア60(リファーレ1階)めいてつ・エムザセレモニーホテルサイエン金沢駅金沢市本町1-5-1リファーレ1階2(076)263-5060http//www.secondcareer60.jp

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です