とっておき金澤
28/40

26アート&クラフト 金沢的体感スポット広坂通り「金沢21世紀美術館」の隣りに位置する。加賀宝生の真髄をやさしく伝える稀有な魅力の美術館。■金沢能樂美術館金沢市広坂1-2-252076・220・2790営/10:00~18:00 (入館は17:30)休/月曜(祝日の場合はその翌日)、展示替期間など■巻末MAP/P34-C3 かつて「金澤能楽堂」があったゆかりの地「広坂」にあり、金沢の無形文化財「加賀宝生」にまつわる能面や能装束を、新しい感覚で展示し、その真髄をわかりやすく伝えている。展示以外にも、予約をすれば解説つきの見学や能面着装の体験などもできる。さらに、能をテーマにした本格的なオリジナル工芸品も時期により展示販売されている。 子ども向けの能や狂言の絵本も取り揃えており、どの世代でも能楽の魅力に触れることができる全国的に珍しい施設だ。金沢能樂美術館↓↓↓広坂むさし兼六園下金沢歌劇座片町ラブロ片町金沢21世紀美術館金沢市役所香林坊大和●入館料/個人300円、団体(20名以上)一人250円、65歳以上200円、高校生以下無料。●金沢21世紀美術館(コレクション展)との共通券一般500円、大学生・65歳以上450円 http://www.kanazawa-noh-museum.gr.jp2階展示室の絢爛豪華な能装束。金沢能樂美術館の中にあり、向かって右側がショップ。金沢の希少な伝統工芸の今を伝える洒落たショップ。■金沢・クラフト広坂金沢市広坂1-2-25金沢能樂美術館内2076・265・3320http://www.crafts-hiro saka.jp■巻末MAP/P34-C3 金沢市には、二十六種の伝統工芸があり、その中でも作り手が少なくなった工芸を守り、育てるためにこのショップが出来た。加賀象嵌、加賀毛針、加賀水引、竹工芸、桐工芸、加賀繍などの現代の作品を一堂に集めたギャラリーショップである。金沢21世紀美術館の隣りにあり、店内からセンスのいい、美しい品々が目に入ってくる。一目で「これは本物」と分かるので、自分用のお土産として買い求める人が多いという。金沢の思い出がまた一つ増えた。金沢・クラフト広坂(金沢能樂美術館内)↓↓↓広坂むさし兼六園下金沢歌劇座片町ラブロ片町金沢21世紀美術館金沢市役所香林坊大和●1階はショップ、2階はギャラリーになっている。見逃せない催事も年間で数多く実施しているので、詳細はホームページを参照。美しい、かわいい、素敵な品々が多く揃う。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です