金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。
Home > 2015年4月4日
2015.04.04

『6才のボクが、大人になるまで。』


シネモンドで現在上映中の映画、『6才のボクが、大人になるまで。』を先日観てきました。

リチャード・リンクレイター監督が、12年の歳月を掛けて同じ役者を撮影した本作は、
6才の少年が18才になるまでの成長と、彼を取り巻く環境の変化を描いた作品です。
日本でも、ドラマ『北の国から』などで、同じ役者が長期間にわたり演じることがありますが、
本作はそれを2時間45分の映画で実現したのが凄いところ。

もともと同監督の作品の大ファンであることから、本作品をとても楽しみにしていました。
我慢しきれずに、YouTubeで監督や共演者のインタビュー映像などを見て、
予備知識と期待満タンで臨んだため、「ガッカリしたらどうしよう」と逆に心配にも・・・・。

しかし、そんな心配も全く無用。異なる時期に撮られた映像の繋ぎ目を感じることなく、
映画の世界にどっぷり浸かることのできた、本当に素晴らしい作品。
今ではすっかり忘れていた、子供の頃の他愛もない行動が描かれていたりと、細部も光っていました。

どの年代が見ても楽しめますし、大切な人や家族と一緒に映画館で見て頂きたい作品です。
シネモンドでは、4月10日(金)までの上映なので、お早めに!

(編集部/白浜)


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd