金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。
Home > 2014年9月
2014.09.30

天然の湯を満喫。


発売中の金澤10月号の第2特集
「一度は行ってみたい泉質自慢の湯処」はもうご覧になりましたか?
源泉かけ流しの湯処を中心に、個性あふれる泉質を堪能できる
立ち寄り湯を紹介しています。

こちらは、とある温泉でのひとコマ。

窓を開けて、レンズが曇らないように換気しながらですが、
浴室は暑く、汗をかきながらの撮影でした。
撮影後は、店主の「入って行って下さい」とのご厚意に甘え、
カメラマンと一緒に天然の湯を満喫。
疲れが吹き飛びました。

赤茶色ににごった湯。どこの温泉かわかりましたか?

是非、本紙を活用してお気に入りの湯処をみつけてみて下さい。

金澤編集部 中西

2014.09.24

燻製のマジック。


最新号の巻頭特集『肉とワイン』でもご登場いただいた『グリエジョー』の寺西シェフによる
新たな一軒が伝馬商店街にオープンしました。
その名も『煙のジョー』。

燻製料理がメインのビストロです。
昨日、レセプションにおうかがいしました。


元あった呉服店の装いを活かしながら、
店内は古い洋館のような趣もあり、
そこに佇むだけで誰もが絵になるような空間に。
1階はオープンキッチンのカウンターとテーブル席、
2階はテーブル席の個室になっていました。
全部で約30席ほど。

燻製は素材に応じて、ナラ、ブナ、オニグルミ、リンゴ、
ヒッコリー、ウイスキーオークなどのチップを使い分けています。
アルコールは有機ワインと各国のプレミアムビールも充実。
ビールは種類ごとに専用のグラスで楽しめます。


ユニークだったのが「燻製カレー ガーリックライス添え」。
カレーのルーに入っている肉はもちろん、なんとルーも燻してあるのです。
たっぷりのスパイスを使うカレールーには4、5時間ほどかかったとか。
スパイスの香味の隙間に燻製香がさりげなく漂って、どれだけでも食べられそうでした。
煙で燻すとぐんとおいしさを増す燻製。なんだか魔法のようですね。

このほかの燻製メニュー、たとえばこんな感じです↓
燻製ポテトのポテトサラダ500円、田舎風パテ 桜とクルミのチップで(フォアグラ入り)1,200円、
魚介のグリエ盛り合わせ3,800円、ホルモンのグリエ盛り合わせ1,700円など。

4,500円(税別)からコース料理にも対応してくださいます(2名以上で予約)。
もちろん、燻製をかけないメニューにも応じてくださいます。

●煙のジョー
金沢市片町2-29-5
TEL076-256-0902
営/火~木曜18:00~24:00(23:00L.O.)、金曜・土曜18:00~翌2:00(翌1:00L.O.)、
日曜18:00~22:30(22:00L.O.)

(編集部/田中佐和)

2014.09.17

肉と・・・


出来たてほやほやの最新号が編集部に届きました!

巻頭特集は『肉と●●●』。
●に入る文字、何だと思いますか?
肉とくれば、やっぱり「あれ」ですよね!


(『ビストロ高柳』の「田舎風パテ」を思い浮かべるだけで「●●●」の香りが鼻のあたりに漂うようです)


(9月号『贔屓にしたくなる若き料理人』でもご紹介した『エバンス』で、先日いただいた能登豚の力強い一皿。)

肉料理のお供に「●●●」をいただけば元気100倍!
もう、おわかりですよね?


特集では肉料理が評判の新店もいくつかご紹介していますよ。

発売まであと2日、お待ちください!

(編集部/田中佐和)


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd