金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。
Home > 2014年4月
2014.04.30

クラシック熱、高まる。


ドイツの古典楽器の老舗『ノイペルト』社で学び、
その高い技術を認められた『金澤古楽堂』の輪島忠雄さん。
長いドイツ生活を終え、現在は白山市のアトリエでチェンバロの製造、修復を手掛けています。
今年の3月号のエディターズチョイスで取材をさせていただきました。

先日、輪島さんの素敵な古民家風のアトリエで
はじめてのサロンコンサートを開催するとのことでお招きいただきました。


このチェンバロは18世紀パリの楽器製作において名を馳せたブランシェ一族の一人、
フランソワ・エティエンヌ・ブランシェが1737年に製作した楽器を輪島さんが復元したものだとか。
囲炉裏を囲み、座布団に座ってチェンバロの音色に耳を傾けました。
輪島さん渾身のチェンバロを前に、
演奏した音楽家の杉本周介さんは「何かを突き付けられているかのよう」と表現しました。
精巧な楽器は、演奏者のすべてを映し出すから油断ならないというのです。


曲の合間に、杉本さんがチェンバロやバロック音楽の成り立ち、
歴史などについてお話をしてくださいました。
クラシックに明るくないわたしにもとてもわかりやすく、興味深いものでした。
チェンバロの歴史はピアノよりも随分と古く、
バロック時代には主に宮廷音楽を奏でられ、大活躍した撥弦楽器。
打弦楽器であるピアノとは異なる構造を持ちます。
音をピアノのように長く伸ばすことが実質できない、
音の強弱の幅がピアノに比べてかなり狭いなど、
実はいろんな制約があるのですが、
杉本さんが巧みな演奏技術で、
なんとも情感豊かに聴かせてくださいました。


パッと聴いた音色そのものも華やかで美しいのですが、
音譜が連なり、杉本さんの手によってメロディになると、
いっそう音がいきいきと感じられるのです。

輪島さんが「(同じ撥弦楽器である)三味線や琴の音色に親しんできた金沢の方には
きっとチェンバロの魅力がよくわかるはず」ともおっしゃっていました。
秋にもチェンバロのコンサートを予定しているとのこと。
なかなか聴けない本物のチェンバロの音色を、
またじっくり楽しめる日が今から楽しみです。

演奏後、杉本さんが印象的なお話をしくださいました。

今はなんでも均一化がはかられていて、
音楽の世界でもそれをよしとする流れもあるけれど、
バロック音楽とはそもそも、
その語源(「いびつな」「激しい」といった意味も)からもわかるように
そういうものではないものに魅力を見出したものであり、
チェンバロはまさに、そんな音楽を表現するのにはぴったりなのだと。
ますます興味がわいてきました。


高まるクラシック熱、まずはラ・フォル・ジュルネ金沢(http://lfjk.jp)で満喫しようと思います。

(編集部/田中佐和)

2014.04.22

『金澤』5月号が発売中!


〆切に追われて、すっかり更新を怠ってしまいましたが、最新号『金澤』5月号が発売中です。

巻頭特集は「大人が愉しむ新顔カフェ」。
店主のこだわりと夢がギュウギュウに詰まったカフェの新顔が続々登場。
シチュエーション別に紹介します。

第2特集は「一度は見ておきたい名建築」。
目新しい施設が出てくるわけではありませんが、「その道のプロ」がナビゲーターとして登場。
プロならではの目線で名建築の新たな魅力を掘り起こしてくれます。

人気シリーズ「美食図鑑」のテーマは《釜めし》。
山菜の美味しい季節にふさわしいラインナップとなりました。

ほか、人気ベーカリーを巡るスタンプラリー企画を実施するなど、今月も盛りだくさんな内容に。
あっ、今月も別冊付録がついています。

ぜひ、書店でコンビニで、手に取ってみてください。

(金澤編集部@〆切中)

2014.04.18

名庭を支える人々


桜の時期に無料開放されていたある日、早朝から兼六園に行ってきました。
朝早い時間ということもあって、静かにゆっくりと見て回れました。
早起きは三文の徳を実感。

お客さんが少なかったせいか、兼六園の管理をされている方々の姿が
目にとまり、心を打ちました。

竹ぼうきで落ち葉を清掃する女性の方々。
曲水の中に入り、竹ぼうきで水底を清掃している男性の方々。
樹木の枝を剪定して、名木を守っている庭師の方々。

皆さんの支えがあって兼六園の美観が維持されているのですね。

「兼六園」を背負って仕事をしている庭師さん。

「背中の写真を撮らせて下さい!」とお願いしたら快くOKしてくれました。
職人魂を感じさせる大きな背中…格好良かったです。

(編集部/佐々木美絵)

2014.04.11

オープンしたばかりのカフェへ。


ここ金沢、カフェのオープンが相次いでいます。

昨日もまた新しいカフェが金澤表参道(横安江町商店街)に
オープンされていました。

『curio』(キュリオ)さんというカフェ。
最近金沢に増えているカフェテリア形式(先にレジで注文して、
店内でいただくか持ち帰りするかを選べるスタイル)のお店です。

15年のアメリカ生活を経て帰国された奥様と
アメリカ人のご主人がお店に立っておられ、
お客様も交えて英語が飛び交い、しばし異国気分。
店内はヴィンテージの什器が格好良い雰囲気で、
レジスターがまたいい味を出していました。

街歩きの合間にぴったりの一軒です。

『curio』
金沢市安江町1-13

(編集部/佐々木美絵)

2014.04.09

山里の宿にて


先月、リフレッシュのプチ旅をと、
白山温泉郷『一里野高原ホテル ろあん』さんへ。
目当ては、山里の幸と、森林浴が楽しめる温泉です。

お料理は、古民家調の食事処で囲炉裏を囲んでいただきます。
お願いしてあった食事のスタート時間に合わせ、
炭火でふっくらと焼きあげられた、岩魚。

他にも、白山とうふ油揚げや、野菜、肉、くるみ餅などを
炭火で焼き、特製味噌だれでいただきます。


お刺身も、ニジマス、白山豆腐、くるみ豆腐と、山里ならでは。


ワラビとふくろ茸の酢の物や、ふき山椒など、
素朴ながらしみじみと味わい深い品々。

他にもお蕎麦や蒸し物など、かなりの満足感です。

こちらは、焼きみかん。

このあたりでは、みかんも焼いていただく習慣があるそうで、
「おへそ側を、軽く色が変わるくらいに焼くと甘みが増しますよ」と
気さくな接客係りの方が教えてくださいました。

温泉は、源泉かけ流しのなめらかなお湯。
目の前に木立が迫る林の中の露天風呂に、一段と癒されました。
お風呂の様子は『ろあん』さんのホームページにてご確認ください。

暖炉のある山荘風のロビーにも、気持ちがほっこり。

まだ少し雪が残った様子も趣がありましたが、
これからの新緑の季節も風情があって素敵でしょうね。
山菜や川魚など、山里の幸もまたおいしいに違いありません。

(金澤編集部:東 知愛子)

2014.04.02

待ちに待った・・・


桜です!
会社の近くの大乗寺丘陵公園ではもうこんなに咲いていました。
実はこの木、秋にも花を咲かせているのですが、
ようやく本領発揮といった感じです。

こちらの椿園も満開でした。


蝶千鳥。


卜伴(ぼくはん)。

お日様を浴びて、
うれしそうに花びらをめいっぱい広げる様子を見ていると、
締め切りラッシュでピリピリしていた心がほぐれるようでした。

花見ランチも楽しみですね。
別冊で「金澤ランチ帖」付きの金澤最新号もぜひ、ご活用ください!

(編集部/田中佐和)


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd