金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。
Home > 2014年2月
2014.02.19

おいしいものは、うつくしい。


おいしいものはいかにも味の良さそうなビジュアルをしているものですよね。
月刊金澤3月号の特集『旬の酒場、味な酒場。』でご紹介している
バー『ゲデレー片町』で出合った「ハンガリー産フォアグラのテリーヌ」も
まさにそれを実感した一つです。

口あたりがなめらかそうなそのビジュアルにうっとり・・・
その期待を裏切らないおいしさでした!
この日ははちみつがかけられ、熱々のフォカッチャとともに供されました。
生チョコレートのような口どけと、
ほんのりとした苦味と甘味のバランスを口の中で何度も確かめたくなって、
またしてもワインがぐんぐんとすすんでしまったことは言うまでもありません。。。

お店の詳細はぜひ本誌をチェックしていただきたいのですが、
先週末の関東地方での豪雪の影響で、
金澤3月号の書店での発売開始は2月24日(月)となっております。
月刊金澤のホームページでちょっとだけ立ち読みもできますので、
今しばらくこちらをチェックしながら発売を楽しみにお待ちいただけたらと思います。

http://www.k-club.co.jp/kanazawa/

最新号、ご期待ください!

●ゲデレー片町/金沢市片町1-11-12 ポニービル3階

(編集部/田中佐和)

2014.02.18

アメリカン&メキシカンな夜


アメリカやメキシコの料理に惚れ込んだ涌田シェフのお店
『レストラン ブルームーン』。

アメリカ仕込みのハンバーガーや、ブリトーのランチは
すでに定評のあるところですが、ディナーも魅力的。
金沢ではあまり出会ったことのない料理も多く、
メニューを選ぶのもワクワク。
ついつい、あれこもこれもと頼んでしまいます。

たとえば、こちらはある日のオーダー。
「チキン モレ」。

ボイルした鶏胸肉をナッツ、唐辛子、チョコレートなどで作ったソースで
軽く煮込んだメキシコの伝統料理です。

こちらは、ルイジアナ州の郷土料理「ケイジャン料理」のジャンバラヤ。

ソーセージ、チキン、シュリンプ、トマト、スパイスの炊き込みご飯です。
大学時代に、とあるファミリーレストランで食べたそれとは
全く別物(あたり前ですね・・・・・・)。
これが本場の味なのかと、興味津々でした。
ちなみに、オーダーが入ってから炊き上げるので30分ほどかかります。


他にもアボカドディップソースの「ワカモレ&チップス」や
「シュリンプレムラウド」「バーベキューチキン」
自家製ドレッシングのシーザーサラダ、ハンバーガーなど次々と、、、。


メキシコやアメリカのビールも多彩に揃い、
どんどん試したくなるのです。

なお、この日は一緒に行った仲間のお誕生日ということで、
チョコレートのバースデーケーキがサービスで。

こんな心遣いも嬉しいお店です。

【レストラン ブルームーン】
金沢市十間町61 ライオンズマンション1階
営業時間/11:30~15:00、18:00~22:00
お休み/水曜

(金澤編集部:東 知愛子)

2014.02.10

冬だからこその、麺!


うどんと蕎麦は、冬の健康を守る栄養成分の宝庫だそうです。

うどんを上手に食すことで、
まず「血中脂肪を排出して肥満を予防」します。
その効果を高めるには、つゆに大根おろしと酢を加えるのがよい。
ただし大根おろしと酢の成分は熱に弱いので、
煮込まず、上にのせるのが効果的。
また「免疫力を向上させて感染力を予防」するので、
風邪やインフルエンザなどの感染症予防にも効果てき面です。

一方、蕎麦はといえば、
まず「身体を芯から温めて疲労回復」を図ります。
ポイントは、茹でた蕎麦湯でつゆを作ること。
そして、茹でた蕎麦は水でしめないの2点だそうです。
効果の持続を高めるには、具材に鶏肉を使うとよいとのこと。
そして、蕎麦の実を丸ごと使った蕎麦には、
1食分で赤ワイン1杯分とほぼ同量のポリフェノールが含まれます。
このため「抗酸化力を高めて生活習慣病を予防」します。

というわけで、現在発売中の『金澤』が大いに活きてきます。
巻頭特集は「冬の麺道楽」。
要チェック! です。

(編集部/若林)

2014.02.06

じみなやさいのじみ


最近、「地味な野菜の滋味」に夢中です。
とりわけ、今が旬のごぼう、大根、長芋といった根菜のおいしさは
この時期、ひとしおです。
そんなわたしの「地味な野菜」熱をいっそう高めたのが、
木倉町に昨秋オープンした『旬房さかい』さんのお料理。

もちろん、旬の魚もとてもおいしくいただいたのですが、
普段脇役になることの多いような野菜のお料理があると、
どんなふうに楽しませてくれるんだろうといっそう期待が膨らむもの。
こちらは「若ごぼうのお浸し」。
ごぼうの茎のシャキシャキとした食感と、
普段口にする根の部分とは異なる瑞々しさがなんとも楽しく、
さらにその味わいは「ごぼう以上にごぼう」!
ほろ苦さとほのかな土の香りに春を感じました。
「若ごぼう」といえば
大阪・八尾市の特産品「八尾若ごぼう」が有名だとか。

「源助大根の風呂吹き」。
箸が「すーっ」と入るやわらかさ。
柚子味噌のいい香りとやさしいお出汁の風味に癒されました。
源助大根がまさに「ごちそう」の主役になっていました。

日本酒のセレクトも楽しく、
好みを伝えると品書きに出ていないお酒も出してくださり、
また、若きご主人のはつらつとした応対も心地よく、
また足を運びたくなりました。
そして、まだしばらく「地味な野菜熱」は冷めそうもありません。

●旬房さかい/金沢市木倉町6-8

(編集部/田中佐和)

2014.02.04

客野さんの中華そば


立春寒波で、寒い一日となりました。
こんな日は、あったかい麺が食べたくなりますね。

こちらは、カラッと揚がったなるとがトレードマーク、
『客野製麺所』さんの中華そば(濃口醤油)。

醤油のコクと煮干しの風味が際立つ一杯です。

麺に主張のある醤油ラーメンが好みの私にとって、
こちらはお気に入りのひとつ。
たまご大好きな私が、半熟煮卵の存在もうっかり忘れ、
一気に麺をすすってしまうほど。

もちろんスープも飽きないお味。
口あたりは比較的あっさりしていながらも厚みがあり、
やや硬めに茹でる力強い自家製麺に負けません。
ふと思い出しては、食べたくなる一杯です。

さて、現在発売中の小誌『金澤』2月号では
身も心も温まる麺40杯を特集しています!
うどんに蕎麦に、味噌ラーメン。
まだまだ続きそうな寒さを凌ぐにはぴったりのラインナップです。
ぜひご覧くださいませ。

【客野製麺所】
金沢市西都1-69
営業時間/11:00~14:30、18:00~21:00(金・土曜は21:30まで)
お休み/木曜、第3水曜
※その他お休みの情報は、
ホームページで確認を。http://kyakumen.com/index.php

(金澤編集部:東 知愛子)


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd