金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。
Home > 2013年7月
2013.07.31

うどん屋さんの名物ラーメン。


先日、お天気のよい日に川北~鶴来界隈へ取材に出かけました。


太陽に輝く手取川がきれいでした。


空の青とむせ返るような草原の緑。
獅子吼高原の空気のおいしいこと。
カメラマンさんがごま粒のように小さく見える(見えますか?)この広さ!

鶴来でお昼を迎え、昼食に立ち寄ったのが
うどん屋なのにラーメンが評判と噂の『こいしや』。
個人的にはお初でした。

12時過ぎに訪れた時には満席。
回転が早く、常時10人ほど並んでいる状態が1時間ほど続きました。
土曜日だったこともあり、小さなお子さんのいるご家族の姿も。
地元の方々に愛されているのが伝わってきます。

そして、噂は本当でした。
どなたも着席するやいなや、
おもしろいくらいに「ラーメン」を注文します。

ほとんどメニューを見ずに。
たまに「大盛り」とか「おにぎり」とかいう声も聞こえてきます。


ラーメン470円。
細めに刻んだメンマ、ホウレンソウのシャキシャキ感、
チャーシューや澄んだスープもあっさりとしていて、好みでした。
久しぶりにスープを飲み干したくなるラーメンをいただきました。

老若男女、ほとんどの人がラーメンが運ばれるのを固唾をのんで待っていて、
目の前にラーメンが来ると、
わき目もふらず、言葉もほとんど発することなく、とにかくラーメンに集中する。
そんな光景がなんとも印象的だった『こいしや』。

書いているうちに、あの素朴な味が恋しくなってきました。

(編集部/田中佐和)

2013.07.30

夏は焼肉。


昨日は、肉の日(29の日)でした。
焼肉店やステーキ店では、お得なサービスを用意しているところもあり、
また夏バテしそうな暑さも手伝い、
お肉を味わったという人も多かったのではないでしょうか。

先日、訪れた片町の『牛や榮太郎』さんでは、
29日に限らず、
曜日ごとに嬉しいサービスがありました(週末除く)。
この日は、こちら。

和牛ザブトンロース(1,980円)が、なんと半額!
コクや甘みに溢れ、ニンマリしてしまう味わいでした。

『牛や榮太郎』さんは、
富山の老舗『花島精肉本店』の直営。
創業100年を数える老舗ならではの仕入れ力で、
その時に最も状態のいい黒毛和牛を買い付けています。
希少部位もあり、ミスジやカイノミ、シャトーブリアンの他、
和牛トロユッケも復活とか。
見逃せない品揃えです。

場所は、片町の伝馬商店街。
詳細は、小誌『金澤』8月号をご確認ください。

(金澤編集部:東 知愛子)

2013.07.29

まだ見ぬ“最後の絵師”


先週の木曜より、石川県立美術館で始まった『勝田深氷展』。
昨年の7月に急逝された勝田深氷氏。
わかりやすいプロフィールを用いれば、父は伊東深水、姉は朝丘雪路、となります。
しかしそれよりも、石川県民にとっては珠洲市に「勝東庵」という拠点を構え、
18年間にわたってその足跡を残してきた「最後の絵師」として紹介されねばなりません。

なんて偉そうなことを書いていますが、私自身、まだ作品は未見です。
熱烈なとある応援団の方に触発され、まだ見ぬ絵師に気持ちが先に入ってしまった次第。
ですので、ここでは必見、とだけ記しておきます。
県美ではちょうどエミール・クラウス展も開催されていますので、
出かける動機づくりは万端、相整っています。
是非、お出かけを――。

弊誌『金澤』最新号(8月号)も絶賛発売中です。
早くも夏バテ気味…という方にはぴったりの「焼肉特集」が巻頭を飾ります。
こちらの方も、何とぞ、よろしくお願いいたします。

(編集部/若林)

2013.07.26

取材中に出会った可愛い子達


月刊金澤8月号、絶賛発売中でございます。

今回、「残したい金沢の小景」という特集を担当させて頂きました。
金沢市内、海から山へ、そして街なかまで縦横無尽に巡らせてもらい、
改めて金沢の奥深さを感じた次第です。

そしてこちらの特集ですが、次号からは連載として続く予定です!
皆様も身の回りの「残したい金沢の小景」をお寄せ頂ければ幸いです。

メール → kanazawa@k-club.co.jp

ところで取材中、2匹の美猫に遭遇しました。


こちらは、直江谷地区の田園にいた子。
視線をそらさずにじっと見つめられて、ドキッとしてしまいました。

そして

こちらは、片町伝馬町商店街にある染物店『染元平木屋』さんの猫ちゃん。
ちなみに足元にあるのは、加賀藩の御用を務めていた時代に、城内に入る為に
使われていた御用札。
その横にあるのは前田家から頂いた染物用のお道具で家宝なのだとか。
梅鉢の御紋がしっかりと入っています。

なお、この子は誌面でも登場してくれています。
レンズに向かって愛らしい視線を送ってくれた所を、
カメラマンさんがバッチリ捉えてくださいました。
どうぞこの可愛らしさ、本誌でご覧くださいませ。

(編集部/佐々木美絵)

2013.07.19

最新号は明日、発売!


明日、20日(土)は弊誌『金澤』の発売日です。
巻頭特集の「大人の焼肉最前線」に始まり、
後世に伝えていかねばならない金沢の「風景」を集めた、
その名も「残したい金沢の小景」。
その他、遠来のお客さまを連れて行くのに最適な飲食店の紹介や、
それぞれがそれぞれの視点でエンディングデザインを提案する企画など、
いつも以上に、盛りだくさんの内容です。
あ、人気シリーズ「大人の美食図鑑」のテーマは《夏野菜の前菜》。
実力派フレンチレストランのシェフが創意を凝らした8品が登場。
ぜひ、書店・コンビニに足を運んでいただき、その眼でご確認を。
損はさせません!

(金澤編集部)

2013.07.17

海に呼ばれて。


猛暑の中、最近はこんなところに取材に出かけています。
先日はこちら。


海の見える乗馬クラブ『ヴィテン乗馬クラブ・クレイン金沢』。
中心部からほんの30分でこんなにのどかな風景があるんですね。

すぐお隣はゴルフ場です。

先日の「海の日」は、少し高いところから左手を見渡せばゴルフに興じる方が、

目の前では乗馬に親しみ、右手を見渡せばマリンスポーツと、

なんだかすごい光景が広がっていました。


今日は加賀は橋立まで。


むかしながらの浜茶屋も健在です。


どこかで聞いたことがあるような名前ですね。
かもめがたくさん舞い降りる浜で、
すいすいーと気持ちよさそうに海の上を泳いでいました。
この一帯全体がすっかり夏休みモードといった感じでほんとうに気持ちの良い場所でした。

夏はどうしても海が恋しくなりますね。


この炎天下、外を走り回るとスタミナも切れがちです。
そんな夜は、焼肉とビール!
こちらは『焼肉道場』の「塩焼き三種盛」。
この日は牛テール、バターで楽しむ鶏なんこつ、ほちゃほちゃのシロ。
こちらでは生肉だけを扱っていらっしゃいます。
千木町にあるお店ですが、
山側環状道路の神谷内で降りると意外とすぐなんです。
タクシーや代行料金の特別サービスもあるようですよ。

「焼肉屋には一家言ある」という方も多いと思います。
今週末20日(土)発売の最新号の巻頭特集は「大人の焼肉最前線」。
ぜひチェックしてみてくださいね。

(編集部/田中佐和)

2013.07.16

「カルビ重」ランチで、午後も元気。


暑さで体力が消耗気味・・・・
何か元気が出るランチを! と
この春、玉鉾にオープンした焼肉店『せなら』さんで
カルビ重(1,200円)を賞味。

程良くジューシーで、上品な甘み。
女性でもさらりといただけます。

自家製キムチやサラダ、スープもついていて、
満足感も◎です。

他にも「羽二重サーロイン重」や「冷麺ランチ」「ビビンバランチ」があり、
気になるところ。

『せなら』さんは、福井で35年の実績ある人気店。
若狭牛にこだわり、社長自らセリに出向いて
一頭買いしているそうです。

若狭牛の魅力は、
脂の融点が低いため、焼くと余分な脂が落ち、
比較的あっさりとして、牛肉の旨みをしっかり感じられることとか。
カルビ重も、なるほど納得の味わいでした。

一頭丸ごと仕入れているため、
夜のメニューには、なかなかお目にかかれない希少部位も。

詳細は、今週末発売の小誌『金澤』8月号をご確認ください。
巻頭特集「大人の焼肉最前線」でご紹介しています。

(金澤編集部:東 知愛子)

2013.07.12

金沢の「夏の味」


梅雨明け宣言はまだ聞こえてきませんが、
すっかり夏本番、といった陽射しが照りつける金沢です。

さて、金沢の夏の味といえば何を思い浮かべますか?
今日ご紹介するのは、「どじょうの蒲焼き」。
どじょうを開いて串刺しにし、甘辛いタレをつけて焼き上げられたものです。
この季節はスーパー等でも売られている馴染みの味ですね。

こちらは、どじょうの蒲焼き一本でやっている専門店の
『かばやきの浅田』さんの品。(1本110円)
焦げる寸前までじっくりと焼かれていて、香ばしく、
独特の苦みもあって、ビールと相性抜群です。

そもそも、「どじょうの蒲焼き」の歴史は明治初期。
改宗を拒んだ長崎のキリシタンが捉えられ、その後、
金沢の藩に託されて卯辰山へ軟禁されていたそうです。
そんな食うや食わずの中、少しでも精の付くものをと
どじょうを獲って蒲焼きにして売り歩いたのが起源だとか。

栄養価も高く、滋養強壮、疲労回復にも効果的。
金沢名物の「どじょうの蒲焼き」で、酷暑を乗り切りたいものですね!

【かばやきの浅田】
住所/金沢市横山町18-10
電話/076-263-3917
営業時間/8:30~19:00
休/不定
P/3台

(編集部/佐々木美絵)

2013.07.09

涼やかに。


この日曜は、森林浴がてら
白山麓方面へドライブ。

「そば街道」とも呼ばれるこの一帯。
お蕎麦も目的の一つでした。
どちらへ行こうか迷ったすえに、『花川』さんへ。

一番粉で打つ、真っ白な「御膳蕎麦」や
食用炭を練り込んだ「おすみ花」が有名ですが、この日は・・・

「山菜たぬき蕎麦」をいただきました。

久々の訪問だったのですが、
きりりと引き締まった清冽な蕎麦のおいしさを再認識。

優しいつゆの風味に、たっぷり盛り込まれた山菜、
そして自家製の天かすがアクセントになり、
かなりボリュームがあったものの、ペロリといただきました。

お通しの小皿や、食後の蕎麦がゆも嬉しい配慮。

加えて、箸置き代わりの花あしらいも
涼やかで、心を和ませてくれます。

涼やかな演出、と言えば、
先週末に伺ったこちらでも・・・

かほく市にある和食処『ほそ川』さんにて。
京うちわに籠花入と、
素敵なしつらえが目を楽しませてくれました。

うだるような暑さが続いていますが、
こういったあしらいひとつで、気分が変わるもの。
私も見習いたいと、早速ガラスの花入れを引っ張りだし、
祖母の庭に咲いていた紫陽花を飾ってみました。
三日坊主で終わりませんよう・・・

(金澤編集部:東 知愛子)

2013.07.05

見応えたっぷりの「モノトヒト」。


金沢21世紀美術館のすぐそばにある「モノトヒト」をご存知でしょうか。
こちらは、金沢市がガラス作家の辻和美さんをディレクターに迎えて立ち上げた
「生活工芸プロジェクト」の一環で作られた3年間の期間限定ショップです。

店内は2つのスペースに分かれていて、
一つは全国で人気のギャラリーやショップが90日間限定のショップを開くという
「90 days shop」。
もう一つは金沢で活動する作り手を紹介する「30 days labo」という空間。

いずれも今日から新しい展示に切り替わり、取材へ行かせて頂きました。

「90 days shop」には奈良の人気ショップ『くるみの木』がお目見え。
今日はオーナーの石村由起子さんにお会いさせて頂きました。
(この様子は少し先になりますが、また誌面の方でご紹介させて頂きます)
愛とユーモアに溢れた素敵なお人柄に、大ファンになってしまいました。

お店の方には暮らしにまつわるアイテムがたくさん。衣食住の良きモノが揃っております。
今日も大勢の方が詰めかけて賑わっておりました。
2週に1度程度、新しい商品が入ってくるそうなので、どうぞ定期的に足を運んでみてくださいね。
(お写真がなくてすいません!)

そしてこちらは「30 days labo」で今日から始まった、ガラス作家の
大迫友紀さんの展覧会、「アトリエより。」です。

“ヨーロッパのアトリエのような雰囲気”、をテーマにした作品展示。
今回は40種類以上の作品を揃えているそうです。
やわらかな風合いで、カッティングも美しく、使ってみたくなるものばかり。

ちょうど作り手の大迫さんもお見えになられていたので、お願いして
横顔を撮らせていただきました。


これまで作品だけを拝見していて、素敵だな~と勝手に思いを寄せていたのですが
ご本人も気さくで素敵な方で、お会いできて大変嬉しかったです。

見応えたっぷりの「モノトヒト」。
是非、足を運んでみてください。

【モノトヒト】
住所/金沢市広坂1-2-20
電話/076-255-0086
営業時間/11:00~18:00
休/月曜(祝日の場合は翌火曜)、年末年始

(編集部/佐々木美絵)

Next »


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd