金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。
Home > 2013年4月
2013.04.19

最新号は明日、発売!


本日、市内の大型書店の幾つかを回ってみるが、
そのどこにも弊社の雑誌が見当たらない。
Clubismも、そして金澤も。
おかげさまでm(__)m、売り切れたんですね。
そして空白の一日が生まれました。

明日20日は、両誌の発売日です。
わが金澤の特集は「ワイン食堂」と「朝生菓子」。
お伝えしたいことは山ほどありますが、
そこはグッと我慢、見てのお楽しみとしておきます。
別冊付録も付いています。
ぜひ、書店でお求めくださいm(__)m

(編集部)

2013.04.16

春はおいしい。


先日、卯辰山へお花見に向う前に
石臼挽きそば『蕎香』さんへ。

『蕎香』さんは、季節ごとの変わり蕎麦や、
お造りとセットになったお昼限定メニュー、一品料理もあり、
多彩な品揃えで目移りしてしまいます。

それでも、お決まりの天せいろを頼もうと思っていたのですが、
思わず惹かれてオーダーしたのがこちら。

筍と若布の冷たいお蕎麦(春限定)です。

柔らかく旨みのある筍(しかもたっぷり!)、
まろやかなつゆの風味、
みずみずしく食感のよい蕎麦。
いずれをとっても好みで、
いつもはもりそば派の私ですが、大満足でした!

そして、つい頼んでしまったのが、稚鮎の天ぷら。

ほろっと柔らかく、優しい苦みと甘み・・・
春を実感する、いい味です。

まだお若いご主人ですが、
誠実で清々しく、意欲にあふれた仕事ぶりが
頼もしいお店です。

お花見は、四百年の森へ。
散りゆく桜を眺めながらお茶を一服。

春を満喫した休日でした。

【石臼挽きそば 蕎香】
金沢市田上町46街区6-1
営業時間/11:30~14:30(L.O.)、17:30~20:30(L.O.)
お休み/火曜

(金澤編集部:東 知愛子)

2013.04.05

桜、満開!


金沢地方気象台の発表によると、本日、金沢ではソメイヨシノが満開になりました。

街中はどこも花見を楽しんでいる方々でにぎわって混雑していましたね。
今晩は夜桜見物を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

私は今日、用事で訪れた主計町で桜を見てきました。

町家&桜の風景は、実に金沢らしくて、やっぱりいいですね。
夜になるとガス灯がついて、三味線の音がもれ聞こえたりして…
さらに艶やかな表情になることでしょう。

.

さて、兼六園を始め、金沢にはたくさんのお花見スポットがありますが、
皆さんはどこがお気に入りでしょうか?

私が今気になっているお花見スポットは、
<金沢城公園内の丑寅櫓跡から見下ろす桜> と <四百年の森> です。
いずれもカメラマンさんからお聞きしたスポットでして、今年こそ行ってみたい!と
思っているのですが、週末の天候が随分と心配。
どうか散りませんように……。

なお、小誌の連載、「今月の誕生日」では今回、ご登場いただいた皆様に
「印象深いお花見スポットを教えてください」というテーマでお話をお伺いしました。
能登の能登鹿島駅ですとか、加賀の東谷地区ですとか、
あるいは奈良の桜など……
金沢の穴場スポットはもちろん、皆様のお気に入りのスポットを
たっぷりと教えて頂いてますので、よろしければご参考になさってくださいね。

(編集部/佐々木美絵)

2013.04.03

ワインが眠る地下室の音楽会。


『金澤』最新号の「大人のデート案内」でもご紹介している氷見のワイナリー『SAYS FARM』。
こちらで先日、素敵なイベントがあり、うかがいました。
ハープとギターの二人組、tico moonのライブが地下のワインセラーで開かれたのです。


この日は中央に横たわるワイン樽の両サイドに座席が設けられました。
ひんやりとしたワインセラーに心地よく響くハープとギターの音色は
それはもう、うっとりする美しさ。
ステージの二人の向こうに凪いだ富山湾が見えてくるような、
そよ風が頬を撫でるような、なんともやさしい音色でした。
きっと、樽の中のワインもさらにおいしくなったことでしょう。
当日は、同ワイナリーのワインも販売され、
グラスで楽しみながら聴き入る方も多かったです。


本誌でもご紹介していますが、敷地内のカフェがリニューアルし、
ランチやディナーをコースで楽しめるようになりました。
もちろん、眺めも最高です。
この日はあいにくの曇り空でしたが、
それでもこの視界の広がりはやはり、気持ちがいいものです。
ちなみにこちらは昨年の秋のやはり曇り空の日の『SAYS FARM』からの眺め↓

畑のようなところに小さく見える白いのは・・・


山羊なんです!
富山湾の見える丘で育つ山羊! 気持ちよさそうでした。

現在、ギャラリーでは陶芸、ガラス、木工の作家による三人展を開催中です。

美しい自然の中で、丁寧に作られたワインと食事を満期でき、

さらに暮らしを潤すアイテムにも触れられる素敵なスポットです。

春のドライブにぜひ!

SAYS FARM  氷見市余川字北山238

http://www.saysfarm.com/

(編集部/田中佐和)

2013.04.02

ホテルのカレー


いろんな名門ホテルのカレーがありますが、
金沢っ子の私にとって〈ホテルカレー〉といえば、
幼い時から親しんだ
『金沢ニューグランドホテル』さんの「ビーフカレー」。
おでかけのついでや、小学校の参観日の帰りに
よく食べた記憶があります。


ルゥには挽肉がたっぷり。
角切りの牛肉もとても柔らかい!
まろやかな口あたりで、
じんわりやってくる辛さも上品です。

ライスの上にのったオニオンフライ、
別のお皿で用意されるアーモンドやらっきょう、ピクルスなどの
トッピングも飽きさせません。

創業当時からの人気メニューで、
家庭用のレトルトも販売しているほど。
確かに、もうすぐ90歳になろうという祖母も未だに大好き。
子どもからお年寄りまで愛される味なのですね。

同館の中2階にあるカフェレストラン『トレド』さんでいただけます。

【金沢ニューグランドホテル】
金沢市南町4-1
(尾山神社正面・金沢市文化ホール前)

http://www.new-grand.co.jp/

(金澤編集部:東 知愛子)

2013.04.01

「※ラえもん」はネズミが苦手です。


週末の息子の誕生日には彼のリクエストに応え、
「※ラえもん」のケーキを用意しました。
かなりクオリティが高いです。
あまりに鮮やかなブルーに息子は引きましたが・・・。

これは、とあるケーキ屋さんで作ってもらったのですが、
こういうのって著作権とかどうなっているんでしょうか。
「ア※パ※マン」とか「ト※ロ」とか、子どもに人気のキャラを
パン屋さんとかケーキ屋さんでよく見かけますが、
本来は問題あるんでしょうけれど子どもが喜ぶのならと、
日本の著作権者はあまりうるさく言わないのでしょうね(たぶん)。
悪質な場合はともかくとして。
しかし、これが世界的によく知られるネズミだったり、
青い服を着た口やかましいアヒルだったりすると、
ちょっと事情が違ってくるのではないでしょうか。
こうして画像をアップするのも憚られます。

閑話休題。

さて、桜も咲き始めてきました。
発売中の『金澤』でパン屋さんをチェックして、
お気に入りのパンを買い込んで近所で花見ランチ・・・
なんてのはいかがでしょうか。

(編集部/若林)


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd