金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。
Home > 2011年10月
2011.10.31

昨日は何の日


今日は何の日ならぬ、昨日は何の日。昨日10月30日は「たまごかけごはんの日」だったって知ってましたか? 2005年10月30日に島根県雲南市で「第1回日本たまごかけごはんシンポジウム」が開かれ、これを記念して制定したものらしいです。

さて、ひと口に「たまごかけごはん」といっても、そのシンプルなスタイルゆえに作り方もひとそれぞれに微妙に異なるのではないでしょうか。代表的な作り方は、まず小鉢などに生卵を割り入れ、醤油を適量落としてかき混ぜる。ご飯を碗に盛って、箸で飯の真ん中に窪みをつけ、そこへ溶いた卵を流し込み、飯と卵を混ぜ合わせる・・・というもの。あるいは最初の小鉢云々の過程を省き、直接、生卵をご飯の上に落とし、醤油を垂らしてかき混ぜてもいい。これなら洗いものが一つ減る(だったら、最初に飯椀に卵を入れて醤油と合わせ、そこへご飯をのっけるのもいいかも)。と、作り方は簡単ですが、ご飯の量や醤油の量、卵の溶き具合などで味も食感も変わるという、なかなかにナイーブな食べ物です。ご飯が炊き立てで、卵も室温であれば半熟状態を楽しむことができるかもしれません。黄身しか使わないという人や、あれこれとトッピングを楽しむ人がいるとも聞きます。たまごかけごはん専用の醤油や、たまごかけごはん専用の卵だってあります。うむむ、奥が深い。

私もいろいろと試しましたが、シンプルに作り、食べるのが一番おいしいのではないかと思います。ちなみに一人暮らし時代によくやったのは、ボウルに卵を落とし、醤油とコショウで味付けをし、そこへご飯を入れてよくかき混ぜ、油をひいたフライパンで表面だけをカリっと焼く・・・というもので、これをスプーンでがっつり食らいました。手抜きで貧相ではあるのだけれど、それなりに幸福感の詰まった食事でしたよ。

※別冊付録《ベストグルメ》がついた、月刊「金澤」11月号、絶賛発売中です!

(編集部/若林)

2011.10.28

全国の方々との縁


現在絶賛発売中の月刊金澤11月号では、
「全国の美味をお取り寄せ」と題した特集を担当させて頂きました。

石川県で活躍していらっしゃる県外出身者の方に、
郷里の美味しいお取り寄せを教えてもらってご紹介するという趣旨の特集です。

ご当地の美味しい物を教えてくださった皆様、また、
掲載にご協力をくださった全国の店舗様、本当にありがとうございました。

今回、岩手県のお取り寄せは、『パティスリーホソヤ』の細谷オーナーシェフにお尋ねしました。
誌面にもご紹介した通り、細谷さんは岩手県陸前高田市のご出身。
震災で甚大な被害を受けられた地区ということもあり、
正直申し上げて、お尋ねすることに少しの躊躇がありました。

電話でご依頼すると「地元の為ならば喜んでご協力させてください」と
ありがたいお言葉を頂き、『神田葡萄園』さんの「マスカットサイダー」をご推薦頂きました。

『神田葡萄園』さんもまた、陸前高田市。

ブログによれば、震災による津波で事務所も畑も目を覆うような被害を受けたとあり、
果たしてこのようなご依頼をさせて頂いてもいいものかと、
同じようにためらいの気持ちがありましたが、
「ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、
精一杯させて頂きます」と、快くご了解をくださいました。

本当にありがたく、何とも言い表しようのない気持ちでした。

撮影用に送って下さった商品にも、あたたかいメッセージをいただき、
また、復興への道を力強く歩む言葉に、逆に励まされました。

岩手県だけでなく、やはり被害を受けられている東北地方の店舗様にも、
同様にご協力を頂き、感謝の念に堪えません。

日本全国、大勢の皆様方のご協力をいただいて仕上がった、
心と気合いのこもった一冊となっております。
どうぞお手に取ってくださいますと幸いです。

(編集部/佐々木美絵)

2011.10.27

わじまさんぽ


ある休日。
輪島へ出かけました。

祖父母が住んでいることもあり、子どもの頃から
しばしば訪れている街。

いろんな場所に思い出があります。

この日は、朝市に行きました。

「こうてくだ~」の声が飛び交う
いつもの風景。

海の幸に、山の幸。

まずは、つるもをひと山買いました。
やっぱりお味噌汁に放すのが一番。

写真にすると蕎麦みたいに見えますが、
海藻です。

お店のおばちゃんは、「揚げも入れて!」と。
確かに油揚げとつるものお味噌汁、おいしいです。

朝市に行ったら、忘れてはならないのが
『つかもと』のえがらまんじゅう。

今では、すっかり朝市名物に。

さらりとした餡と外側のもちもち感。
蒸し立てをいただき、大満足。

ほかにも、あれやこれやと、買い物と食べ歩きを楽しみました。

その後、袖ケ浜へ。さすがに海へは入れないので
近くの鴨ケ浦をぶらぶら。潮風を受けながら、ぼこぼこと続く岩を縫って散歩。

小学生時代の夏休み、海水浴は袖ケ浜に行き、
海から上がると鴨ケ浦で遊んで、
ラーメンを食べてから帰るのが 定番コースでした。

そうこうするうちに、お昼近くに。
ランチは『助寿し』へ。
輪島の寿司店の中でも人気の高い一軒。

カウンターのある1階はすでに満席。
2階のお座敷へ案内していただきました。

子どもの頃行ったきり、かなり久しぶりでしたが、
お座敷も昔と変わらないまま。

つきだしはこちら。
蟹みそをメインにして作り出された濃厚な味わいは
お酒がすすみます。絶品です。

ご主人の握りがずらり。

私のこの日の一番はこちらでした。鯖。

寿司を堪能した後は、
どうしても行きたかったパン屋『能登二幸』へ。

子どもの頃、よく食べていたのがこのお店の「たまごパン」。
手のひらサイズの小さな丸いパンで、メロンパンのようなビジュアル。
表面がクッキーっぽくなっていて、中はふわふわしていて。
大好きなパンでした。

それをもう一度食べたいと、輪島へ行くたびに思うのですが、
なかなかタイミングがあわず、今回やっとお店へ行くことができました。

期待に胸を膨らませ店内へ。
「たまごパン」をぐるりと探し、もう一度探すものの、ない、ない。

お店の方にきくと「今はもう作ってないんやわ~」と。

残念。

そしてちょっとさみしい気持ちに。

気を取り直し、パンをセレクト。
コーンパンがありました。

これも昔からあったはず。
素朴な味わいも変わらないままでした。
懐かしい!

輪島高校にも近く、お腹をすかせた高校生も多くやってくるこの店。
だからなのか、パンも大きめです。

それにしても、子ども頃の味の記憶というのは、
大人になってもしっかり残っているものだと、あらためて実感。

こちらは、お店の袋。
この絵も昔と同じ。

子どもの頃、この絵がプリントされた紙袋に
ぬり絵をして遊んだような……

懐かしい思いをたっぷり味わった
ある日の休日でした。

(編集部 品川)

2011.10.26

「プチ断食」の向こう側。


『兼六城下町・ホテル兼六』のファスティングプランをご存知ですか?

滞在期間の食事を、
それぞれ旬の果物や野菜を使ったフレッシュジュース、
デトックススープなどにとどめる「プチ断食」によって
普段から酷使している内臓を休ませながら体内の毒素を排出し、
体内環境を整えることを目的とするものです。
今回、同ホテルのご厚意で月刊金澤の読者を
ファスティング体験宿泊にご招待いただき、
読者のみなさんから多くのご応募いただきました(締め切りました)。
先日、見事当選された読者のみなさんとともに
わたしも体験取材させていただきました。
2泊3日で口にできるものは、用意された酵素ジュースとスープ(最終日は回復食)、硬水、常備しているハーブティーのみ。
一日の摂取カロリーは最大で450kcal。
もちろん禁酒、禁煙、飴やガムもNGです。
こちらは一日目の晩ごはん。
小松菜とバナナ、トマト、無調整豆乳、玄米ジュースなどを使ったジュースです。
これで約100kcal、晩ごはんはこれで終わり。
同プランでいただく酵素ジュースは全て、
栄養バランスはもちろん、味や香りなど100種類以上もの試作を重ね、実現したものだそうです。
あとはひたすら硬水を飲みます。
目安は一日2リットル以上。
就寝前には水素サプリを服用します。
二日目の朝、昼もそれぞれ異なるレシピのジュースをいただき、
いよいよディナータイム。
ぎんなん豆腐とカブのスープです。
「固形物だ!」と参加者のみなさんから歓声があがりました。
もちろん化学調味料は一切不使用。
最終日の朝は回復食。
久々の「ごはんらしい」ごはん!
玄米粥、自然薯のすりおろし、五郎島金時や焼いた生麩など。
これで300kcal前後。
ファスティング体験前の食べるペースを完全に忘れていました。
おそらくいつもの5倍くらい時間をかけていただいたと思います。
さて、結果はというと・・・
2泊3日で体重はマイナス1.5kg、デトックス値が3日目の朝にぐんと上がって、
化粧ノリも良くなりました!
参加されたみなさんも、それぞれに効果を実感されていました。
匂いに敏感になるので(嗅覚、味覚が研ぎ澄まされます)
タバコをやめたい人にもおすすめです。
胃が小さくなったのか、
今のところ、食べる量は体験前に比べて少し減ったままです。
ビールの味が濃く感じられるようになり、
ほんの少しで満足できるようになりました。
いつまでもおいしく食事を楽しむためにも、
定期的なファスティング、おすすめです。
ファスティング宿泊プラン、
石川県では『兼六城下町・ホテル兼六』のみで体験できるそうです。
(編集部/田中佐和)
2011.10.25

食いしん坊なイタリアン


昨年の夏に開店したイタリアン『ゴロゼット』。
私が最初に取材させていただいたのはオープン前の、
店舗もまだ工事を始めたばかりの頃でした。

オーナーシェフの松岡さんは慎重な方でもあり、
何も形になっていない段階での取材に抵抗がおありのようでしたが、
ちょうどイタリアン特集を企画していたこともあり、
少々無理を言って、記事にさせていただきました。

でもおかげさまで、一つひとつ形にしている時だからこそ
お聞きできた思いや言葉がたくさんあり、
あの時、取材をお受けいただいたこと、今でもありがたく思っています。

それ以来、『ゴロゼット』はずっと応援していきたいお店の一軒。
先日も、恒例の女子会で行ってきました。

まずは、アンディーブとクルミのサラダ。
ゴルゴンゾーラのソースが濃厚過ぎず、いい塩梅でおいしかったのですが、
撮り忘れました・・・。

こちらは豚肉のサルシッチャ。

↑ 肉の旨みがジュワッとあふれ、早くもワイン気分です。
次回はぜひ、羊も試してみたいと思います。


↑ 満場一致で注文したラザニア。
スタッフの方が、目の前でチーズを削ってくれました。
チーズのいい香りがふわっと漂います。


↑ 私の大好物のトリッパはペンネとともに。
こちらもチーズはテーブルで。


↑ お肉は鳩と迷ったすえに、ハンガリーの国宝豚・マンガリッツァをチョイス。
またもや撮影し忘れ、取り分けた後です・・・
お肉もジューシーでしたが、付け合わせの焼き野菜も甘みがあって美味!


↑ そして、看板料理の「ザンポーネ デラ カーサ」。
豚足に詰め物をした北イタリアの伝統料理だそう。
この一皿に関する詳細は、
『月刊金澤』最新号の長町界隈特集でふれていますので、
ぜひご覧ください。


↑ パスタは「悪魔のひげ」。
イカ墨を練り込んであります。
ムール貝たっぷり、唐辛子がピリリときいたトマトソースの味も
かなり好みでした。

この日の女子会も例のごとく、誕生日のお祝いを兼ねていましたので、
デザートは事前にお願いし・・・・・・

盛り合わせにして、名前を入れてもらいました!
ティラミスやガトーショコラなど、
少しずつつまめるのも嬉しい!!
あれもこれもと、ついついオーダーしてしまい、
すでにお腹はいっぱいなのですが、デザートは別腹です。

「食いしん坊」という意味を持つ店名にふさわしい、
おいしい秋の一夜でした。

【ゴロゼット】
金沢市香林坊2-12-20
18:00~24:00  月曜・第3日曜定休
(金澤編集部:東 知愛子)

2011.10.24

左利きの言い分(5)


天才には左利きが多い、という説があります。
左利きは右脳を使って手を動かすことが多いため、行動パターンが感覚的・直感的になると言われています。そのため、右利きの人とは行動パターンが少々異なる。すると、あの(左利きの)人は「ちょっと普通と違う」「一風変わっている」ということになり、そうした思いの飛躍した先に「天才」の2文字が生まれる――そういうことのようです。
ダ・ヴィンチ、ピカソ、ミケランジェロ、チャップリン、ビル・ゲイツ、坂本龍一、松本人志・・・・・・
以上、みなさん左利きです。アメリカ大統領も左利きが多いそうです。こんなふうに実例をあげると「なるほど」と納得されがちなのですが、右利きの人と同様、結局のところ「天才」もいれば、そうでない人もいるわけで、先の「ちょっと普通とは違う」にしても、多くの場合は、「ただの変人」といった結論になるのは言うまでもありません。ちなみに私は、さすがに「変人」とまで言われたことはありませんが、「変な人」と呼ばれたことは数えきれません。「な」は大切です。左利きを相手にされる際は、どうかこの「な」を忘れないでください。
※『金澤』11月号が発売中です。毎年恒例の「ベストグルメ」が付録についています。お買い得です。特集は県外出身者の推薦文つき「全国の美味をお取り寄せ」です。わが家でも活用しています。
(編集部/若林)
2011.10.21

収穫の喜び


2月に取材させていただいた「木村秋則自然栽培実践塾」の
担当の方から、先日、嬉しいご報告がありました。

「木村秋則自然栽培実践塾」とは、羽咋市とJAはくいが協力して、
『奇跡のリンゴ』で知られる木村秋則さんを講師に迎えて、
農薬や化学肥料を使わない「自然栽培」による
水稲・野菜・穀物栽培の理念や技術を指導する塾です。

本来であれば、肥料などを販売されるJAさんが、こうした
栽培方法を推奨なさるのも、なかなかできるものでは
ないし、その英断はすごい事だなと感じておりました。

今年は、この自然栽培で「稲」の栽培に取り組んでおられました。

そして先日

「自然栽培実践田で作ったお米ができました!」

とご報告をいただきました。

皆さんが丹精込めて作られたお米の集大成です。
土地と、水と、太陽という、「自然の力」だけで作られたお米。
生命力が高そうです。

明日(22日)から「JAはくい」にて限定販売。
精米2kg1,500円(税込),5kg3,500円(税込)で、
それぞれ100袋限定だそうです。
米袋の題字は、作家の田口ランディさんによるもの。

お味のほどはいかに?
きっと力強くて美味しいお米なんでしょうね。
ご興味のある方はお早めに。

それから、その自然栽培塾の講師である木村秋則さんも
モデルになっているという映画が明日22日に
上映されるということですので、こちらも合わせておすすめさせて頂きます。

「降りてゆく生き方」
日時:10月22日(土)13:00開演
会場:コスモアイル羽咋
料金:大人1,500円、小中高生1,000円

http://www.zazi.jp/enta/event/view_event.php?from=top&id=6007&mode=tw

(編集部/佐々木美絵)

2011.10.20

今日は10月20日


今日は20日。

金澤11月号の発売日です。

金澤最新号
巻頭特集は「全国の美味をお取り寄せ」。

石川で活躍する県外ご出身の方々に
出身地のおいしいものを教えていただきました。

餃子にローストビーフ、羊羹にロールケーキ、パンに至るまで。
ページをめくるたび、引き付けられること間違いなしです。

もう一本の特集は「長町界隈そぞろ歩き」。

ここ最近、新たなお店が続々とオープンし、
街歩きの楽しみが一層増えた長町界隈を探訪。
観光スポットとしての顔とは、
ひと味違う街の風景もお届けしております。

こちらは、特集内でご紹介した長町の朝の表情のひとつ。

早起きして取材におうかがいしました。
詳しくは誌面をご覧ください。

そして、今号は別冊付録として『ベストグルメ』も。

ベストグルメ表紙

石川県内の飲食店390軒をご紹介しています。
年末年始はもちろん、一年を通してご活用いただける一冊です。
ちなみに、私はいつも車に常備して利用しています。

盛りだくさんの金澤11月号、ぜひお手にとってご覧ください!

(編集部 品川)

2011.10.19

久世建二・久世紀代子展に出かけました。


白山市のギャラリーカフェ『ガレリア』で開催されている

「Clay Work 陶による造型-久世建二・久世紀代子展-」。

みなさん、お出かけになられましたか?
金沢美術工芸大学の学長・理事長であられる久世建二さんと
奥様の紀代子さんによる二人展です。
それぞれに土の作品を手掛け、ご活躍のお二人ですが、
ご夫婦での展覧会は初めてだそうです。
土そのものの様々な素性を活かした久世先生の作品。
実際の手触りとは正反対の、
やわらかな質感をイメージさせるユニークな作品です。
こちらは土の塊を削り、削ったものをさらに載せて・・・という過程を追った作品。
今回は「自業自得」、「墓穴を掘る」というのがテーマ。
削られた部分がその重みでいずれ倒れてしまう未来をイメージさせます。
墓石や人型を思わせる作品。
9.11以降、3.11を経た現在も作り続けていらっしゃいます。
先ほどの作品からの流れに、様々な思いが巡ります。
学校の職務でご多忙の久世先生、
帰宅後も土と戯れる時間を大事にされているそうです。
作家としても長きに亘ってご活躍ですが、
お話をうかがうと、
今もなお土が作る形、表情に心を動かされ続けていらっしゃることに感激しました。
紀代子さんは普段使いの器を。
どんなお料理を盛り付けようかと楽しみになります。
毎日の久世家の食卓にはもちろん、
紀代子さんの器が並ぶそうですよ。
二つの趣向の異なる空間を利用した二人展。
ぜひ、おでかけください。
会場の『ガレリア』は
白山比咩神社を越えて白峰方面へ少し車を走らせたところにあります。
道すがら、少しずつ紅葉してきた山々を眺めるのも気持ちいいですよ。
●Clay Work 陶による造型-久世建二・久世紀代子展-
11月5日(土)まで
会場/ガレリア(11:00~17:00)
休/10月25日(火)、11月1日(火)
入場料/200円(来廊初回のみ/月刊金澤10月号持参の方は無料)
(編集部/田中佐和)
2011.10.18

よく食べ、よく呑み、よく話した7時間


先日、ひょんなことがきっかけで、
久々に会うことになった小中学校時代の同級生8名。

在学当時、特別親しかったというわけでもなく、
今ではまったく別々の道に進んでいる面々でしたが、
話し始めると、時間が経つほどに盛り上がるもので、
気が付けば、1軒目でなんと7時間も過ぎていました!

長時間お世話になったお店は、
これまた小中学校時代の後輩が営む、鉄板焼料理の『香立』。

料理はおまかせだったので、
この日のオススメ食材を使ったメニューが次々とテーブルへ。


↑ ギアラは塩とタレの2種類が。
私は塩でさっぱりと、が好みでした。


↑ お刺身も新鮮です。


↑ こちらは黒豆の枝豆!
大粒で歯ごたえもよく、独特の旨みが感じられます。


↑ 津幡町特産のマコモとイカのソテー。
食感がよいです。



↑ この辺からワインをオーダー。
店主である後輩の彼はワインについても勉強熱心で、
コスパのいいものが揃っており、ついつい飲み過ぎてしまいます。
この日も、どうやら5本ほど空いたようです・・・
コースもいいですが、個人的には、
ワインと、ワインに合うアラカルトで一杯、という使い方もオススメで、
2軒目にも重宝します。


↑ とってもジューシーな近江牛。


↑ 〆の一品となった、牛すじのねぎ焼き。
すじ肉の旨みがじんわりとしみ出て、
お腹がいっぱいにも関わらず、箸が進みます。
まだ用意していた料理があったそうですが、
残念ながらこの辺で満腹に・・・・・・。

よく食べ、よく呑み、よく話した7時間。
童心に返ったような雰囲気もあり、
時が経つのも忘れ、
タイムスリップしたみたいに楽しみました。
当時の距離感はどうあれ、同じ時期を共有した仲間というのは
自ずと気心が通じるようで、いいものですね。
つかず離れず、いいひとときをサポートしてくれた後輩にも感謝です。

【やきやき  香立】
金沢市大工町32-1 大坪ビル1階
18:00~翌2:00(L.O.) ※金・土~翌3:00(L.O.)
日曜不定休

(金澤編集部:東 知愛子)

Next »


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd