金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。
Home > 編集部からお知らせ
2017.01.20

金澤最新号、本日発売!


本日(20日)は月刊金澤2月号の発売日です。

表紙を見れば一目瞭然、今回の巻頭の特集テーマは「ラーメン」。
『金澤』が注目する各店の「極み」の一杯をご堪能ください。
数えてみたら計42杯、ひと月はゆうに楽しめます。

サブ特集は女性に向けたバー案内。
「いい眠りにつける一杯」や「デザート代わりの一杯」、
またはバーで楽しむバレンタインなど、魅力的な提案がいっぱいです。

ほか、シリーズ美食図鑑は「ぜんざい、おしるこ」、間近に迫るバレンタインチョコの特集や、
とっておきの際の手引きにもなる「大切な人と活きたい店」等々、使える情報が満載。

お近くの書店、コンビニ等で、ぜひ、手に取ってみてください。

(金澤編集部)

2016.12.20

金澤1月号は本日、発売です!


一年で最も濃密な期間を過ごしている編集部よりお知らせです。

本日は弊誌『金澤』の発売日です。

巻頭特集は「あの店の特等席」。冒頭に読者プレゼントのコーナーも設けております。内容に関してはグダグダとここでは申しません。書店、あるいはコンビニなどで、直接、その目でお確かめください。一年を締めくくるにも、あるいは新年を始めるにも最適な特等席が見つかるはずです。

もう一つの特集は「金沢のお宮さん」。すべて巡ると願いが叶うという「金沢五社」をはじめ、運を味方につけてくれる神社にご案内。新年はいつものお宮さん以外にも、いくつか訪ねてみてはいかがでしょうか。

ほか、シリーズ美食図鑑「すき焼き」に2016年に登場した「話題の新店」、「自分らしく暮らす家」に「今、注目したい活躍する女性」、そして新年号恒例の別冊付録「手みやげ帖」は今年も健在。読んで、使って、年末年始をお楽しみください。

(金澤編集部)

2016.10.20

超お得な「金澤」最新号が発売!


本日20日(木)は、弊誌『金澤』11月号の発売日です。

巻頭特集は「もてなしの宿」と題し、近県および県内の「心ほぐれる」宿を紹介。
サブ特集では「本」をテーマに、今の金沢に注目。タイトルはズバリ「本と、金沢。」です。

ほか、シリーズ美食図鑑はこの時期、ついつい手が出る「スイートポテト」を厳選。
加えてこれからのキー・パーソンが登場する「次代を創る期待の人」、
大人のためのファッション企画「秋冬の最新スタイル」などもご用意。

さらにさらに、11月号恒例の特別グルメ付録もちゃっかり付いてます。
タイトルを変え、サイズも大きくなって「えっ、これが付録?」といった
堂々の存在感を放っております。

ぜひ、書店・コンビニ等でお手にとってみてください。

(金澤編集部)

2016.07.20

金澤8月号、本日発売!


前号(巻頭特集「眺めのいい店」)は、おかげさまで販売好調でした。
この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

そして本日は、最新8月号の発売日です。

巻頭特集は題して「やっぱり片町が好きです。」。

北陸が誇る繁華街・片町の「今」を、食をテーマに切り取りました。
この号で予習して、ぜひ、片町にお出かけください。

第2特集は「北陸の避暑地」。

梅雨も明け(たぶん、明けましたよね)、暑さが厳しくなるこれからの時期、足を運びたくなるスポットが満載です。ただし、虫対策は万全に。加えて足元の悪いところもありますので、現地では十分にご注意を。

また、人気シリーズ美食図鑑は「おろし蕎麦」。大根の辛みも刺激的な逸品を揃えました。

ほか、「注目料理人の極上メニュー」「いま食べたい、各国料理」「人生を彩る愛用品」「この水を選んだ理由」「からだを整える」と企画が盛りだくさん。お好きなところから箸をおつけください。

ということで、今号もよろしくご贔屓のほどを。

(金澤編集部)

2016.06.20

金澤7月号、発売開始です!


本日(6月20日)は弊誌『金澤』7月号の発売日です。
表紙は、海(もちろん日本海)に沈む夕日、その手前にセットされたテーブル――が目印。
特集タイトルに「眺めのいい店」とありますが、さて、どこのお店でしょう・・・ ( ̄ー ̄)ニヤリ

ということで、石川県内の「眺めのいい店」が揃った巻頭特集(2年前に実施した同名企画とは違ったラインアップ!)に、北陸の観光列車を紹介する特集「観光列車で行こう」、人気シリーズ「大人の美食図鑑」は大人も子供も大好きな「海老フライ」を集めました。
さらに、年に一度の恒例となった綴じ込み付録「金澤おもたせ 決定版」に、旬の美食が並ぶ「夏の美味を食す」、家時間を楽しむためのヒントをプロが教授してくれる「理想の暮らしを手に入れる」など、相も変わらずギュウギュウに情報を詰め込んでいます。

ぜひ、お近くの書店・コンビニ等でお求めください。

(金澤編集部)

2016.05.23

もう読んでいただけましたか?


先週末に発売となった最新号、もう読んでいただけましたでしょうか?

書店にて、ミントグリーンのひときわ爽やかな存在感を放つ今号(自分で言っちゃってます)。
巻頭特集は、一度は食べてみたい、久しぶりにもう一度食べたい、そんなのあるなら是非食べたい・・・・・・といった、名店・気鋭店・新店などの看板料理から裏メニューまでを揃えた「噂の一品(ひとしな)を食す」。
サブ特集は、懐かしくもあり、今となっては新鮮でもある喫茶店を集めた「金澤の愛すべき名喫茶」。
そしてシリーズ大人の美食図鑑は、これからの季節にぴったりな「ジェラート」。

ほか、特別企画「話題の新店」「金澤最新ビューティートピックス」など、いつも通りの盛り沢山な内容です。
もう読んだという人は今一度じっくりと。
まだ読んでないという人は、とりあえずお近くの書店、コンビニ等でご確認ください。
ミントグリーンの表紙が目印ですよ。

(金澤編集部)

2016.04.21

金澤5月号のお知らせ


金澤最新号(5月号)、発売になっております!

巻頭特集は「2度めの金沢案内」。
タイトルは「2度め」ですが、3度め、4度めと金沢を訪れるリピーター、
またはそうした方々をもてなす側、あるいは金沢を別な視点で楽しみたい、
そんな地元民にも向けられた特集です。
派手さこそありませんが、素顔の金沢、もう一つの金沢に出会える企画。
ぜひ、ご覧になってください。

ほか、ワインをもっと楽しむための小特集「北陸のワイン事情」、
シリーズ美食図鑑は「チーズケーキ」、
そして毎年恒例となった別冊付録「とっておき金澤」など、
あれもこれもと楽しめる一冊。
お求めはお近くの書店、コンビニでどうぞ。

(金澤編集部)

2016.03.23

和菓子の魅力が満載です。


発売中の『金澤』4月号は和菓子を大特集。
「おつかいもの」に、あるいは自宅での「おやつ」にと、大いに使える全65品を揃えました。
表紙の写真も和菓子(どこのお菓子かは本誌でご確認ください)。
とにかく、和菓子満載の華やかな一冊に仕上がっております。

また、金澤流旅のススメとして南砺市の春のお祭りをいくつかピックアップして紹介しています。
特に福野地域のケンカ祭り「福野夜高祭」と城端地域の絢爛豪華な「城端曳山祭」にフォーカス。
全国的にも類を見ないこの2祭は必見。どちらもゴールデンウィークに開催されます。

ほか、特別付録「金澤ランチ帖」や人気シリーズ「大人の美食図鑑」(今回は親子丼)など、
今月も盛りだくさんな内容。
ぜひ、お近くの書店でお求めください。

(金澤編集部)

2016.02.19

明日、「金澤」最新号(3月号)が発売されます!


明日20日は弊誌『金澤』の発売日です。

巻頭を飾るのは熱烈なファンの多いパン特集。
題して「おいしいパン 決定版」。満を持しての登場となります。
そのシンプルでストレートなタイトル通り、おいしいパンが目白押し!

ボリューム満点の大特集で、前篇は新店や新情報など、ここ最近の“ホット”な話題を集めました。
そして後編は地元のパン通を唸らせている実力店にフォーカス。各店の“とっておき”をご紹介します。

その他、大人の美食図鑑では花見シーズンにも使えそうな「ちらし寿し」を。
さらには厳選した「焼肉の名店」や、健康や介護について考える特集など企画は盛りだくさん。
ぜひ、書店でお求めください。

金澤編集部

2016.01.06

お年玉、まだ間に合いますよ!


遅まきながら、あけましておめでとうございます。
今週の月曜より仕事を再開させた金澤編集部です。
今年もよろしくお願い申し上げます。

昨日、弊誌1月号の書店調査を実施したところ、売行きは好調。
おかげさまで幸先のいいスタートを切らせていただきました。

その好調ぶりは、毎日のように編集部に寄せられる読者プレゼントへの
応募ハガキ&メールからも実はなんとなく感じていました。
というのも、その量が半端ではないからです。

今回、「お年玉」として実施したプレゼント企画。
当選倍率はすでにかなり高くなっておりますが、
編集部が自信を持ってお届けする素晴らしいものばかりですので、
まだ応募していないという方は、奮ってご応募を!
締切は今月19日(火)到着分まで。まだまだ間に合います。
詳細は発売中の月刊金澤1月号でお確かめください。

(金澤編集部)

Next »


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd