金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。
Home > レストラン
2014.06.03

谷口シェフの「前衛的地方料理」


かねてより “美食の宿” として定評がある
富山の『リバーリトリート雅樂倶』さん。

先月22日、レストランをリニューアルし、
「Levo(レヴォ)」として、さらにパワーアップ!

谷口シェフ率いる新たなレストランのテーマは「前衛的地方料理」。
このフレーズを聞くだけでも、どんな料理に出会えるのかワクワクします。

正式オープンに先駆けて開かれたレセプションにお招きいただいたのですが、
その席で味わったお料理から、特に印象に残った3皿をご紹介。


↑ 富山の鱒を使った一品。
蕪を刻んで間に挟み、ミルフィーユ仕立てにしてあります。
そう! 金沢の冬の定番、そして富山の郷土料理でもある
かぶら寿司に着想を得たものだそう。ユニークです!


↑ こちらは、氷見の渡り蟹が主役。
パスタではなく、氷見うどんの生地を使ってラビオリに。
その中に、渡り蟹がぎゅっと入っています。
鮮やかなグリーンのソースは、山菜の女王とも呼ばれるこしあぶら。
渡り蟹の甘みと、山菜独特の苦みのハーモニーがいい感じです。
氷見うどんのラビオリ、というアイデアも面白い!


↑ そして、アイナメのお料理。
アイナメは何と、黒作りに3日間漬け込んだもの。
ソースは、魚介のスープに、富山の銘酒「満寿泉」の酒粕を合わせてあります。
ひと口、ふた口は、香り高い酒粕の風味。
食べ進めるほどに、口中が魚介の旨みで満たされていき、、、、、、
奥行きのある味わいで、フォークもスプーンもとまらなくなりました。

そして、お料理それぞれに合わせたお酒が用意されていたのですが、
渡り蟹とアイナメは氷見のワイナリー『SAYS FARM』のシャルドネで。
その出会いがまた何ともいえず、ふくよかで、ニンマリしっぱなしでした。

――フレンチの固定概念にとらわれず、郷土料理の枠にもはまらない――
そんな「前衛的地方料理」の意味が、胸にすとんと落ちる新感覚の品々。
思いがけない発想、
富山の素材や食文化と出会った時のシェフの好奇心や高揚感も
びんびんと伝わってくるようで、こちらも終始、興味津々。
本当に楽しませていただきました。

〈富山×谷口シェフ〉
この掛け算がなければ生まれない独創的な世界。
ぜひ一度、お試しあれ。

※これまでのレストラン同様、「レヴォ」も食事のみの利用が可能です。

【リバーリトリート雅樂倶  レストラン レヴォ】
富山県富山市春日56-2
営業時間/11:30~13:00(L.O.)、18:00~21:00(L.O.)
コース料金/ランチ5,700円、ディナー13,500円 ※ともにサービス料別途10%

(金澤編集部:東 知愛子)

2014.02.18

アメリカン&メキシカンな夜


アメリカやメキシコの料理に惚れ込んだ涌田シェフのお店
『レストラン ブルームーン』。

アメリカ仕込みのハンバーガーや、ブリトーのランチは
すでに定評のあるところですが、ディナーも魅力的。
金沢ではあまり出会ったことのない料理も多く、
メニューを選ぶのもワクワク。
ついつい、あれこもこれもと頼んでしまいます。

たとえば、こちらはある日のオーダー。
「チキン モレ」。

ボイルした鶏胸肉をナッツ、唐辛子、チョコレートなどで作ったソースで
軽く煮込んだメキシコの伝統料理です。

こちらは、ルイジアナ州の郷土料理「ケイジャン料理」のジャンバラヤ。

ソーセージ、チキン、シュリンプ、トマト、スパイスの炊き込みご飯です。
大学時代に、とあるファミリーレストランで食べたそれとは
全く別物(あたり前ですね・・・・・・)。
これが本場の味なのかと、興味津々でした。
ちなみに、オーダーが入ってから炊き上げるので30分ほどかかります。


他にもアボカドディップソースの「ワカモレ&チップス」や
「シュリンプレムラウド」「バーベキューチキン」
自家製ドレッシングのシーザーサラダ、ハンバーガーなど次々と、、、。


メキシコやアメリカのビールも多彩に揃い、
どんどん試したくなるのです。

なお、この日は一緒に行った仲間のお誕生日ということで、
チョコレートのバースデーケーキがサービスで。

こんな心遣いも嬉しいお店です。

【レストラン ブルームーン】
金沢市十間町61 ライオンズマンション1階
営業時間/11:30~15:00、18:00~22:00
お休み/水曜

(金澤編集部:東 知愛子)

2014.01.21

天空のダイニング


先日、友人の結婚パーティーで東京へ。
せっかくなので、ちょっと贅沢をと、
『マンダリンオリエンタルホテル』でランチをいただきました。

訪れたのはホテル最上階の38階にある
アジアンインスパイアダイニング『ケシキ』。
予約でほぼ満席だったのですが、時間差で運よく入ることができました。

床から天井まで大きくとられた一面の窓からの眺めは壮観!
青空も気持ちがよく、まさに天空のレストランです。

供されるのは、日本の食材やアジアのスパイスなどを
個性的にアレンジしたアジアンスタイルの料理。
名前を見ただけでは、どのような料理か想像がつかないものも多く、
メニューを眺めていてもワクワクします。

いただいたのは、プリフィクススタイルの「ヌードルランチ」。

↑ 寒鰤と紅芯大根 水菜の生春巻き ライムソース


↑ ミーゴレン 帆立貝と青梗菜 イエローヌードルのサンバルチリソース


↑ ストロベリーシャーベット コブミカンの葉でマリネしたバナナとベリーを一緒に

新感覚の料理に、開放感のある景色。
ほんの小一時間でしたが、非日常感にどっぷりと浸り、
心も頭も元気になるのを感じたのでした。
たまには、こういう贅沢も必要ですね。

ちなみに、ホームページによるとこちらの『ケシキ』は、
1月末にイタリアンダイニングとして生まれ変わるそうです。

(金澤編集部:東 知愛子)

2012.10.02

息抜き


毎年8~9月は慌ただしくなります。
というのも、11月号(10月20日発売)のClubismと月刊金澤に
特別付録として挟まれるグルメガイド本「ベストグルメ」の制作が
重なる時期だからです。

そんな時、気分転換に・・・と訪れたのが、
『サロン ド シェ・ヌゥ』さん。

レストランは、ちょっと気が張ってしまいますが、
お隣のサロンなら、仕事の合間にコーヒーでも・・・と、
気軽に利用できます。

この日はお昼を食べ損ねたので、軽く食事を。

自家製パンにホワイトソースをのせて焼いた「クロック シェ・ヌゥ」です。
プラス300円で、コーヒー、紅茶、スープのいずれかと
セットにできるとのことで、スープをチョイス。

他にも「シェ・ヌゥの気まぐれ まかないカレー」や
「リゾットとフォアグラのソテー丼」など、
気になる軽食がいろいろ。

ワインが進みそうな「田舎風パテ」や「焼きたてキッシュ」、
「ホルモン煮込みの香草焼き」もあり、
夜は、ビストロ使いがオススメ。

夕暮れからテラス席を陣取って、
ゆっくり過ごしたいものです・・・。

さて。
10月号の月刊金澤の表紙の舞台は、
この『サロン ド シェ・ヌゥ』さん。

特集「今、カフェを選ぶ理由」でもご紹介しています。
テラス席の写真は、太陽と雲を待った粘りの撮影。

待ちの時間に、私が撮影した一枚がこちら。

後光がさしたような美しい空で、
シェフもHカメラマンも仕事を忘れ、
無心でシャッターを切っていました。

(金澤編集部:東 知愛子)

2012.09.04

ますます魅力的! 新生『Makino』さん。


いつも、こちらの想像を気持ちよく裏切り、
心が弾むお料理を提供してくれる『フランス料理 Makino』さん。
8月5日、犀川沿いに店舗を移し、ますますご活躍です!

移転リニューアルの案内ハガキからも
牧野シェフの高揚感が感じられ、
訪れるのをとても楽しみにしていました。

ということで、早速お盆にディナーを。
犀川沿いに灯る控えめなサイン。
店内もシックで、以前よりぐっと落ち着いた雰囲気です。

お料理は相変わらず、食す悦びに溢れる展開。
洗練感に磨きがかかっているようです。


↑ 見た目も食感も斬新で、ワクワクする前菜。


↑ 雲丹と人参のムース。開店以来、どんどん進化を遂げている一品。
食べきると器の底に・・・! 小さなサプライズ付きです。
そう、器使いも楽しみの一つで、
ロゴが刻まれた、ガラスのプレイスプレートもとっても素敵でした!


↑ こちらは鮎のコンフィ。
5時間程かけて低温の油でじっくり煮てあり、骨まで丸ごといただけます。
私の勝手なイメージでは「牧野シェフの十八番」の一つ。絶品です。


↑ とっても脂がのった白身のお魚(確かスズキ)!
思わずニンマリ。


↑ 肉料理は、「ちょうど、いい鳩が入りましたので」と嬉しい提案。
野性味たっぷり。赤ワインが進み、チーズまで・・・。


↑ デザートも、満足感たっぷりです。

オープンから5年。
「もっと静かな、落ち着いたロケーションで食事を楽しんでもらいたい」という
シェフのかねてからの思いが結実した、このたびの移転。
新たなステージでの挑戦に気負いは感じられず、
楽しむような充実感にあふれた牧野シェフの笑顔が
とっても印象的でした。

【フランス料理 Makino】
金沢市片町2-31-18
ランチ/11:30~13:00(L.O.)
ディナー/18:00~21:00(L.O.)
お休み/水曜(ランチは木曜もお休み)

http://www.french-makino.jp/

(金澤編集部:東 知愛子)

2012.06.05

河畔のイタリアン


先月の女子会は、
犀川・新橋のたもとにあるイタリアン
『ボッテガ ディ タカマッツォ』さん。

これまでにも何度か予約を試みたのですが、
人数が多めなこともあって、週末はなかなか叶わず。
今回、1か月以上前から全員の予定を調整し、ようやくの訪問です。

2階の席からは、犀川の流れが眺められ、解放的な気分。
水面が夕日に輝いて美しく、見とれてしまいます。

この日は、グループでの利用だったので、
おまかせのコースでオーダー。
ふだんは、アラカルトで注文することが多いので、
何が出てくるか、ワクワク。

そんな中、心を鷲掴みにされた一皿がこちら。

ズッキーニの花にモッツァレラとアンチョビの詰め物をしたフリット。
ナイフを入れると、期待を裏切らず・・・

チーズがトロ~リ!

以前に取材で、早朝から行われるズッキーニの受粉作業に
立ち合わせてもらったことをふと思い出し、一段とありがたい気持ちに。

そして、思わず唸ってしまったのが、このリゾット。

魚介の旨みに溢れ、チーズの風味、サマートリュフの軽やかな香りと
一体になって、一口一口が本当に味わい深かった。

その日一番のオススメを存分に味わえるのが、
おまかせのコースのいいところ。
基本的にはアラカルト派の私ですが、
たまには「おまかせ」もいいものだと
改めて思ったのでした。

(金澤編集部:東 知愛子)

2011.11.22

話題のハンバーガーレストラン


10月9日のオープン以来、話題を集め続けている
金沢発のバーガーショップ『ハンバーガーのワンダフル』。

懐かしい雰囲気の王様キャラが印象的。
窓ガラスの絵柄は、なんと作家さんの手描きなのだそう!
(この辺の詳細は、Clubism12月号をご覧ください!)

焼きたてのふかふかバンズ、
地元産の新鮮野菜に良質な肉。
子ども連れにも安心と評判です。
10種以上のラインナップから、「鞍月バーガー」と迷った末に、
チーズ&アボガドバーガーを選択。

ボリューム充分で、コスパも◎

月刊金澤の最新号、特集「2011 心に残る旬の店」でも取材させていただいた同店。

12月には早くも2店舗目を片町にオープン予定とのこと。
気鋭の人気店を手掛ける河村さんの心意気やこれまでの活躍は、
本誌を見ていただきたく、割愛いたしますが、34歳の情熱あふれる若き社長です。

結果的に、なのですが、実は、
この特集で取材させていただいたお店のうち、
約半分が30代のオーナーでした。
揺るぎない思い、チャレンジ精神、温めてきた思いをカタチにする実力や行動力。
そして、人の心に響く仕事ぶり。
私も同じ30代として、大いに刺激を受けました。

瑞々しく力強い芽が育っている金沢のこれからが
ますます楽しみですね。

【ハンバーガーのワンダフル】
県庁前店
金沢市藤江北1-306
営業時間/11:30~22:00
お休み/なし P/22台

http://www.w-burger.com/

(金澤編集部:東 知愛子)

2011.11.15

初物


蟹漁解禁から10日。
みなさん、もう味わったでしょうか。

私の今シーズン初の香箱蟹は、こちら。

イタリアンレストラン『コルサロ』さんでいただいた、
香箱蟹とフレッシュトマトのタリアテッレです。

パスタはポルチーニにしようと思っていたところ、
「もう香箱蟹食べた? 香箱のパスタ、どう?」と威勢よく、金山シェフ。
今日のオススメに違いないと、
速攻で「香箱のパスタ、お願いします!」と答えていました。

身、内子、外子がたっぷり入っていて、
蟹の旨みがあふれる一皿。
タリアテッレに、その旨みがよくなじみます。
トマトの酸味も程よいアクセント。

当地にはおいしい蟹料理がたくさんありますが、
こちらも冬の金沢ならではの、
遠来のお客様にも自慢したくなる一品です。

さて、今日は狩猟の解禁日。
石川県の猟師の方々も、早速、狩り場に分け入ったと聞きました。

あさって17日(木)は、ボジョレーヌーボーの解禁日。
その出来栄えに期待を寄せる声も多いようです。

おいしい解禁が続きますね。

★おまけ
せっかくですので、この日『コルサロ』さんでいただいた
他のお料理も少し紹介。

前菜の盛り合わせ。

今や、暗黙の了解で供されるようになるほど、
私のスタートは決まって、この一皿。

こちらは初オーダーのブッコリのラグーソース。

螺旋状のパスタにソースがよく絡んで、いい塩梅。

【コルサロ】
金沢市尾山町6-22 Zigビル1階
営業時間/17:00~22:00(L.O.)
お休み/不定

2011.11.08

メキシカンなランチ


今年5月、近江町市場の程近くにオープンした
『レストラン ブルームーン』。

アメリカやメキシコの料理に惚れ込んだ涌田シェフが、
本場の味をそのままに提供してくれるレストランです。

先日、ランチでいただいたのが、こちら。

「ブリトー」のチキンです。
他にシュリンプ、フィッシュ、ポーク、ビーフがあります。

ランチ限定で提供している人気の「ベーコンチーズバーガー」や、タコスと
かなり迷った末に、ラップサンド系が好きな私は、こちらをチョイス。

小麦粉で作った生地「トルティーヤ」に包まれているのは、チキンの他に、
トマトで炊きこんだメキシカンライスやブラックビーンズ、オニオン、チーズ、サルサなど。

奥に見えるのは、
アボカドディップソースの「ワカモレ」と
緑色のトマトのような野菜、トマティージョで作るソース「サルサヴェルデ」。
ボリュームのある具だくさんなトルティーヤ包みも、途中このソースをつけながらいただくと、
味の変化も楽しく、ペロリ!です。

涌田さんは2度に亘って渡米し、現地の味を学んで来られた方。
決して雄弁ではないのですが、お話を伺うと、
朴訥とした口調の中にも、かの国で抱いた食文化への情熱が感じられ、
こちらもどんどん興味がわいてきます。
シンプルですが、お皿も現地のものにこだわって輸入したのだそう。

金沢では珍しいアメリカやメキシコの料理。
涌田さんが関心を持ったきっかけは何だったのか――。
『レストラン ブルームーン』と涌田さんの詳細は、
現在、発売中の月刊金澤・別冊付録「ベストグルメ」
そして、11月20日に発売される月刊金澤12月号をご覧いただければと思います。

ディナーメニューにも、
鶏手羽のフライのホットソース和え(ブルーチーズとセロリスティック添え)や
骨付き豚あばら肉のBBQなど、そそられる料理が!
ビールも現地のものが種類豊富に揃っているので、
今度はぜひ、夜に行きたい!と思っています。

【レストラン ブルームーン】
金沢市十間町61 ライオンズマンション1階
営業時間/11:30~15:00、18:00~22:00
お休み/水曜

(金澤編集部:東 知愛子)

2011.11.01

ジビエの季節です


先日、音楽堂で行われたコンサートの帰りに、
ずっと行きたかった『タパス・エ・バール』へ。

『ぶどうの木』さんが営む一軒で、
お肉料理、ジビエ料理が評判!


↑ お肉の前菜5種盛り合わせ


↑ メイン料理も、シェフおまかせのお肉の盛り合わせをオーダー。
その日、一番状態のいいお肉を厳選してくれます。
幻霜豚や仔羊、イノシシなど、それぞれに味わい深いお肉が
少しずつ楽しめて、かなりの満足感。

あれよあれよという間に、ワインも空きました・・・
ラベルが素敵だったので、思わず一枚。

オープンキッチンの厨房を預かるのは、
東京のジビエ専門店で解体の経験も積んだ、女性シェフの舘さん。

小誌『月刊金澤』でもご紹介させていただいたことがあります。

狩猟免許もお持ちだそうで、
現場で築いた猟師さんとのご縁や
顔の見える生産者との信頼関係など、
独自の人脈で一つひとつ納得のいく素材を仕入れていらっしゃるそう。

この日は遅めの時間帯で、
たまたま他にお客さんがいらっしゃらなかったこともあり、
舘さんと少しお話ができたのですが、
素材のことや、生産者の方の思いを語る表情は本当に熱っぽくて、
思わず引き込まれてしまいました。

ジビエが本格的においしくなる季節、
また足を運びたくなっています。

【タパス・エ・バール】
金沢市本町2-9ー28
1階バール 18:00~翌1:00(LO)
2階レストラン 18:00~23:00(LO)

(金澤編集部:東 知愛子)

Next »


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd