金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。

« | »

2014.11.21

男の和稽古


現在発売中の月刊金澤12月号では「男の和稽古」特集を担当させて頂きました。


Photo by NOCA Wakihiko

 

茶道、長唄、能、笛、そして、居合道や弓道、合気道などの武道に
取り組む男性陣をご紹介しています。
皆様の凛々しいお姿、是非本誌にてご覧ください。

 

私は茶道と長唄、そして能のお稽古にお邪魔させて頂きました。

本特集を通して感じたのは、金沢は、一流の先生方との距離が近い街であるということ。

例えば、茶屋街の芸妓さんは、踊りや三味線、鼓などといった芸事を
覚えることが必須で、それぞれの師匠の元で稽古をつけてもらっていますが、
そんな名師匠からも稽古をつけて頂くことが可能だったりします。
茶屋街文化が続いているからこそ、こうした恩恵を受けられるという有難さを感じました。

もともと金沢では、加賀藩の文化政策による保護・奨励によって武士階級だけでなく、
商人や町民なども茶道や能を嗜むようになったという背景があり、
現在でも和の嗜みは盛んです。
先生方も多くいらっしゃり、和稽古への間口が広い街ですので、
ご興味を持たれた方は学ばれてみてはいかがでしょうか。

個人的には、和服姿の男性が街を歩く姿が増えますことを願っています(^^)

(編集部/佐々木美絵)

コメント & トラックバック

まだ投稿されたコメントはありません。

コメントフィード登録

コメント

コメントを記入する場合はログインしてください。


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd