金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。

« | »

2014.10.22

金沢を遠く離れて。


約400軒もの飲食店を網羅する別冊「ベストグルメ」を綴じ込んだ月刊金澤最新号、
もうお手に取っていただけましたでしょうか?
今号では、鹿児島の旅企画を担当しました。
鹿児島、金沢からは随分と遠い印象ですが、小松空港からなんと約3時間半!
意外と近いんです。
しかも、島津藩ゆかりの歴史、温かい気候が育む独特の食、指宿の砂風呂文化などなど、
大人の好奇心を刺激する魅力もたっぷりあります。
というわけで、今日は誌面でご紹介しきれなかった旅の記録を少し。

鹿児島といえば薩摩地鶏や黒豚などが有名ですが、
有名な郷土料理(特に奄美大島のあたりとか)に鶏飯(けいはん)があります。
鶏の出汁で楽しむ具だくさんのお茶漬けのようなものなのですが、
誌面でご紹介している郷土料理店『味の四季』に取材後、ふたたび訪れ、夕食でいただきました。


ごはんに載せる具材は鶏肉、薩摩揚げ、金糸玉子など。
刻み海苔の横にあるのは、なんとパパイヤの漬物。
ご当地ならではの食材に出合うとうれしいものです。


あたたかい出汁をかけていただきます。
さらさらとおなかに収まり、どれだけでも食べられそうでした。

こちらのお店ではおでんがメイン。
鹿児島では甘めの味噌おでんが主流なのだそうですが、
こちらは甘さ控えめ、醤油ベースの上品なおでんです。
こんなユニークなおでんダネも。


レタスです。シャキシャキの食感がたまりません。
奥は「なんこつ」と呼ばれる人気メニュー。
黒砂糖と焼酎で煮込んだ豚肉は、
箸がすっと入って、なんとも上品な甘みと驚きのやわらかさ。


春菊です。
こちらもレタス同様、おでんの出汁にさっとくぐらせ、
特製の味噌でいただきます。

ごちそうのお供はもちろん、芋焼酎。
こちらのお店にもたくさん揃えてあり、ロックが200円台から揃っていました。
他の飲食店にも足を運びましたが、どちらも焼酎の種類が多く、もちろんどれもおいしくて、安い。
鹿児島一の繁華街、天文館周辺は平日の早い時間からとても賑わっていましたが、
鹿児島はやはりお酒の好きな方が多いのかもしれませんね。
同店の方もそうでしたが、行く先々で現地の方々のあたたかい人柄とやさしい鹿児島弁にも癒され、
すっかり鹿児島のファンになってしまいました。

旅といえば、ぜひ、本企画でご紹介しているANAダイナミックパッケージ<旅作>、ご活用ください。
ウェブ上で航空券、宿泊、旅先でのレンタカーなどの予約が簡単にできて、すごく便利です!
時刻を調べたり、宿泊先を選んだり、というのはなかなか手間のかかることですが、
<旅作>はサイトから希望の日時と行先を入れるだけで、
飛行機も宿泊先も一括検索できるので、ものすごく簡単に、諸々の手配を済ませられます。
「旅ってこんなに簡単に実現できるんだ」と驚かされますよ。
誌面でも利用方法を紹介していますので、参考になさってくださいね。

●ANAダイナミックパッケージ<旅作>

http://www.ana.co.jp/domtour/dp/

(編集部/田中佐和)

コメント & トラックバック

まだ投稿されたコメントはありません。

コメントフィード登録

コメント

コメントを記入する場合はログインしてください。


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd