金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。

« | »

2012.02.14

広島くいしん坊日記_1


先日、広島へ行ってきました。
初めての広島。
厳島神社や平和記念資料館と並んで、
いえ、それ以上に旅の目的としていたのが、瀬戸内の魚介です。

1日目の夜は、前もって地元の方に教えていただいた居酒屋『なわない』さんへ。
銀山町という繁華街にあるのですが、
奥まったビルの地下にあり、まさに隠れ家のよう。

初めてなら、間違いなく迷ってしまいます。

店内は、会社帰りの地元のお客さんで満席。
予約しておいて正解でした。

料理は黒板メニューから、地物の魚介を中心にチョイス。
まずは刺身です。
見慣れない「ヨナキ」という文字が気になり、ご主人に尋ねると、貝とのこと。
貝類は大好きなので、この「ヨナキ」と広島名物の小イワシ、地アジの三種盛りにしてもらいました。

手前が「ヨナキ」です。
あれ? と思った方も多いはず。
そうです。見た目も味も、どうやらこちらで言う「アカニシ」のようです。
初体験の小イワシの刺身は、生姜醤油でいただきました。
どれも新鮮で美味。
ビールもそこそこに、地酒(銘柄は確か、龍勢)をオーダー。
ついつい、というより、どんどん進んでしまいます・・・

そして、広島で外せないのが牡蠣料理。

↑ ぷりぷりの食感と旨みにつられ、おかわりした「カキ酢」。


↑ ふっくらジューシーで、こちらもおかわりしたかった「カキの天ぷら」。

小イワシは、天ぷらでもいただきました。

肉厚ながらサクッとした食感、ほんのり感じる魚の甘みがたまらず、
この一品のために、翌日も足を運びたい! と思ったくらいです。

この流れでは、牡蠣と小イワシしか食べてないようですが、
他にも穴子や広島菜漬なども・・・・・・

年季の入った店内、隣席との間はやや狭いのですが、
何となく居心地がよく、あっという間に3時間が経っていました。
金沢にも魅力的な居酒屋がたくさんありますが、
こちらも負けず劣らず、です。

くいしん坊としては、
飲食店選びがアタリだと、その旅の半分以上は成功。
到着から数時間で早くも、広島が好きになっていました。

――来週につづく。

【なわない】
広島県広島市中区銀山町12-10 藤観ビル地下1階

(金澤編集部:東 知愛子)

コメント & トラックバック

まだ投稿されたコメントはありません。

コメントフィード登録

コメント

コメントを記入する場合はログインしてください。


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd