金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。

« | »

2012.01.10

つば甚さんで、初釜


今年の初釜は、老舗料亭『つば甚』さんにて。
例年、先生のお宅で開かれるのですが、
今年は趣を変えて、、、と、
つば甚さんの茶室「是庵」をお借りしました。

このお茶室は、片町で町年寄をつとめた数寄者亀田是庵が、
明治5年に自宅に建てたと伝わり、昭和32年に現地に移築されたものとのこと。
(金沢市企画・発行『金沢の茶室』より)

取材や会合では、何度かつば甚さんを訪れたことはありますが、
お茶会での利用も、この「是庵」を使わせていただくのも初めて。
前日から、遠足を楽しみにする小学生のようなワクワク感がありました。

二畳台目という凝縮された空間には、
140年の歳月も手伝って濃密な空気が感じられます。

茶釜の湯が沸く音を聞きながら、
数々の数寄者がこの場に集い、豊かな時を過ごしたのだろうな、、、と想像すると、なおさら。
新年にふさわしい、心地よい緊張感を覚えました。

こちらは、この日いただいた茶懐石風のお料理の一部。

一品一品、作り手の真心が伝わる上品な仕上がり。
そして、女将さんをはじめ接客係の方々の丁寧な対応、
美しい立ち居振る舞いも心に残りました。

清々しいひとときを過ごさせてもらうとともに、
自分が住む町に、このような老舗料亭があることを
改めて誇らしく思った一日でした。

【つば甚】
金沢市寺町5-1-8

(金澤編集部:東 知愛子)

コメント & トラックバック

まだ投稿されたコメントはありません。

コメントフィード登録

コメント

コメントを記入する場合はログインしてください。


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd