金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。

« | »

2011.09.09

昭和の面影が残る喫茶店


以前から気になっていた喫茶店があります。
金沢駅前、ホテル日航金沢さんの裏手、本町の路地に佇む『珈琲館長田亭』さん。

先日、ちょっと時間が空いたので、飛び込んでみました。

店内左側にはカウンター席、右側にはテーブル席が3つ。

ベロア地の椅子や古い時計など、昭和の面影が残る雰囲気です。

そして入口近くには電話ボックスが。(今は使われていません)

なんだか、「探偵物語」のワンシーンに出てきそうな雰囲気でした。

テーブル席に腰掛けてブレンドコーヒーを注文。
こんなことを言うと語弊があるかもしれませんが、昔ながらの喫茶店ではよく、煮つまった珈琲が出ることがありますよね。(そういう味わい深い感じ、個人的には嫌いじゃないです)

こちらはどうかな、と実は少しだけ疑っていたんですが、テーブル席で待っている間、カウンターの方から「ガーッ」と豆を挽いている音が。淹れたての珈琲だ、と嬉しくなりました。そりゃそうですよね、店名には「珈琲館」を冠しているのですから。すいませんでした。

滞在時間はほんの15分ほどでしたが、心地よいジャズが流れる中で美味しい珈琲を頂き、それ以上の時間を過ごしたような、ゆったりとした気分になりました。
開業から28年。素敵な女性オーナーが営む喫茶店です。

【珈琲館 長田亭】
金沢市本町2-18-32

(編集部/佐々木美絵)

コメント & トラックバック

まだ投稿されたコメントはありません。

コメントフィード登録

コメント

コメントを記入する場合はログインしてください。


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd