金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。

« | »

2011.06.13

今日は何の日?(3)


45年前の今日(1966年6月13日)、アメリカ合衆国最高裁判所が、
後にミランダ警告と呼ばれる告知を逮捕時に行うことを警察に義務付けた。
「アーネスト・ミランダ対アリゾナ州事件」の判決中のことである。

警告内容は以下の4つ・・・・・・

あなたには黙秘権がある。
あなたの供述は、法廷であなたに不利な証拠として用いられることがある。
あなたには弁護士の立会いを求める権利がある。
弁護士に依頼する経済力がなければ、公選弁護人を付けてもらう権利がある。

ミランダ警告・・・・・・アメリカのミステリ小説のファンなら、馴染みのある言葉でしょう。
何年か前に、こんな短篇集が話題になったこともあります。

 

『あなたに不利な証拠として』ローリー・リン・ドラモンド著。なかなかに粒ぞろいの短篇集でした。
日本でも、黙秘権の存在は刑事訴訟法の第291条の2によって裁判官から示され、
また刑事訴訟法第198条の2に「取調に際しては、被疑者に対し、あらかじめ、
自己の意志に反して供述をする必要がない旨を告げなければならない」とあります。
弁護士を呼ぶ権利も、刑事訴訟法第77条の1、あるいは第79条によって告知されます。

それから6月13日は、太宰治が玉川上水に入水した日でもあります(1948年。遺体発見は19日)。
普段、太宰を読む機会なんてまずないので、こんな日くらい、短篇の一篇くらいは
読んでみるのもいいかもしれません。個人的に読み返したいのは「トカトントン」。

 

細かい表現など、古臭いところもあるかもしれませんが、内容的には現代に充分通用します。
締め切りに追われているときなど、ときたま「トカトントン」と妙な音が聴こえてくるときが・・・
なくもありません。たんに病気かもしれないのですが。

(編集部/若林)

コメント & トラックバック

まだ投稿されたコメントはありません。

コメントフィード登録

コメント

コメントを記入する場合はログインしてください。


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd