金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。

« | »

2011.10.24

左利きの言い分(5)


天才には左利きが多い、という説があります。
左利きは右脳を使って手を動かすことが多いため、行動パターンが感覚的・直感的になると言われています。そのため、右利きの人とは行動パターンが少々異なる。すると、あの(左利きの)人は「ちょっと普通と違う」「一風変わっている」ということになり、そうした思いの飛躍した先に「天才」の2文字が生まれる――そういうことのようです。
ダ・ヴィンチ、ピカソ、ミケランジェロ、チャップリン、ビル・ゲイツ、坂本龍一、松本人志・・・・・・
以上、みなさん左利きです。アメリカ大統領も左利きが多いそうです。こんなふうに実例をあげると「なるほど」と納得されがちなのですが、右利きの人と同様、結局のところ「天才」もいれば、そうでない人もいるわけで、先の「ちょっと普通とは違う」にしても、多くの場合は、「ただの変人」といった結論になるのは言うまでもありません。ちなみに私は、さすがに「変人」とまで言われたことはありませんが、「変な人」と呼ばれたことは数えきれません。「な」は大切です。左利きを相手にされる際は、どうかこの「な」を忘れないでください。
※『金澤』11月号が発売中です。毎年恒例の「ベストグルメ」が付録についています。お買い得です。特集は県外出身者の推薦文つき「全国の美味をお取り寄せ」です。わが家でも活用しています。
(編集部/若林)

コメント & トラックバック

まだ投稿されたコメントはありません。

コメントフィード登録

コメント

コメントを記入する場合はログインしてください。


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd