金沢倶楽部TOP金澤

金澤編集部ブログ

金沢倶楽部 月刊金澤-KANAZAWA STYLE- 知らないことが、いっぱいある。生活を豊かにする雑誌のチカラ。

2017.09.12

珠洲が楽しい!奥能登国際芸術祭に行ってきました。


9月3日に開幕した『奥能登国際芸術祭2017』。
9日、10日の週末を利用して行ってまいりました。

イベントの詳細や編集部視点の見どころは発売中の金澤9月号でもご紹介していますので、ぜひご利用ください。

さて、今回鑑賞したアート作品の一部をお見せします。

「リュウ・ジャンファ/Drifting Landscape」
珠洲の象徴的な観光地・見附島を借景とした作品です。


「眞壁陸二/青い舟小屋」
7月に制作途中を取材させていただきましたが、今回訪れると、水平線に目線を届ける仕掛けがあったり、砂にも美しい紋様が描かれていたりして、さらに印象的になっていました。


「吉野央子/JUEN光陰」
たくさんの魚と出合う幻想的な家。受付では作品の背景となる短い物語が手渡されます。


「トビアス・レーベルガー/Something Else is Possible/なにか他にできる」
連続するカラフルな枠の中に入っていくと望遠鏡があり、それを覗いた先には…。


「小山真徳/最涯の漂着神」
流れ着いた破船とクジラの骨を組み合わせ、社のように見立てた作品です。


「アレクサンドル・コンスタンチーノフ/珠洲海道五十三次」
4つのバス停を作品化した内の一つ「能登洲崎」。隣には刈り取った稲がはさに干され、のどかな風景が広がっていました。誌面では「笹波口」バス停もご紹介しています。


「深澤孝史/神話の続き」
漂着物でできた鳥居。珠洲では古くから漂着物をまつる神社があるそうです。

どの作品も珠洲のロケーションを活かしていたり、土地の文化や歴史、人間の営みが表現されていたりして、ドライブしながら、楽しく巡ってきました。

2日間では鑑賞しきれなかったアートが沢山あります。
10月22日までの会期中にまた訪れたいと思います!

(編集部/宮下)

2017.04.20

「金澤の会」に参加しませんか。


本日20日は弊誌『金澤』最新号の発売日。これにあわせて、編集部よりお知らせです。

来月に「金澤の会」を実施することになりました。そこで参加される方々を最新号の
誌面(54ページ/写真参照)で募っています。

5月25日(木)の正午より、料亭『杉の井 穂濤(ほなみ)』さんがこの春に新しく
完成された「離れ」を会場に開催します。お申し込みはファクスかメールで。
20名(2名一組での応募となります)の定員制となっておりますので、
ご興味のある方はお早めにご応募ください。

▼お申込み
FAX/(076)226-8282
Mail/kanazawa@k-club.co.jp
※いずれも代表者および相伴者の氏名、代表者の住所・年齢・職業・連絡先を明記のうえ、
「金澤の会」宛でご応募ください。

また最新号の方も情報満載ですのでお楽しみください。
・巻頭特集「尾張町界隈を歩く」
・第2特集「オーダーメイドの引力」
ほか、「大人髪に定評のあるスタイリスト」「上質な暮らし方」「課題解決のプロフェッ
ショナル」「更年期の相談ならこの人へ」。さらに毎年の恒例となった別冊付録「とって
おき金澤」も付いてきます。

(金澤編集部)

2017.02.21

お仕覆展と新ビストロを目指して片町へ。


金澤2016年10月号で取材をさせていただいた、お仕覆作家の小林和映さんから、
作品展のご案内をいただいたので先日、寄らせていただきました。

お茶入れやお茶碗、茶杓など茶道具にかけるお仕覆はおなじみですが、
小林さんは代々袋師だった家系の4代目として、
茶道具に留まらず、様々なアイテムのお仕覆を手がけてこられました。
マイセンのビアマグに一眼レフカメラ、バナナケース、本などなど。
小林さん、「水以外は何でも包める」とおっしゃるくらいで、
包むものの大きさも形状も多岐にわたりますが、お仕覆ですからすべてきっちりジャストサイズ、「そのもののための袋」を作られます。
完全オーダーメイドのため、一度仕上げたものは小林さんの手元に残らないので、
本来は集めて鑑賞することは難しいのですが、
今回は特別に、片町のプライベートゲストハウス『風と翼』のギャラリーにて、
現在進行中の作品も併せて、これまでに手掛けられたお仕覆の一部が展示されています。


一枚ずつ手描きされている百人一首を入れた箱のお仕覆。この百人一首は大隈重信の手に渡った記録も残る貴重なもの。
玉虫色のようなお仕覆の裂地は京都で何百年もの間保管されていた金箔を裂き、糸とともに織り込んで仕上げたのだとか。


ビルマ産の菱形の漆器。どんないびつな形でも空間をあまらせることなく、きっちりと裂地を纏わせます。
こちらの表地は彦根のビロードだそう。


お守り袋もお仕覆の一つ。肌触りのいい特別なタイシルクで包むのは、ベルリンの壁の破片。


現在、コーヒーカップ&ソーサーのお仕覆を制作中とのこと。左奥に見えるのは型紙。コーヒー豆の絵柄が楽しい裂地を使って。
包むものから発想して裂地を選ぶところから始まります。

小林さんの解説が興味深く(お道具も素晴らしいものばかりです)、お仕覆の世界の奥深さに引き込まれます。
企画展は3月31日(金)まで。訪問時はインターホンを押してくださいね。

●風と翼
金沢市片町2-32-18 TEL:(076)282-9552

※※
さて、『風と翼』から歩いて20歩くらいのところに、先頃ビストロ『PARIGOT(パリゴ)』がオープンしています。
ランチは1500円で前菜、メイン、デザート、それぞれ6、7種程から選べます。


前菜は鯖と新ジャガのサラダをチョイス。


メインは豚バラのコンフィをセレクトしました。ボリュームたっぷり! 自家製パンもおいしかったです。

休日にはワインやシャンパンとともに昼飲みランチを楽しみたいものです。
夜は2,500円のコースがベースになっているそうです。

詳細は本日発売の3月号のNew Spotページにも掲載されていますので、
そちらもぜひ、チェックしてみてくださいね。

●PARIGOT(パリゴ)
金沢市片町2-31-27 TEL:(076)254-1217

(編集部/田中佐和)

2017.01.27

『鮮魚麺 海里』さんのオープン日につきまして。


月刊金澤2月号の「極みのラーメン」特集でご紹介させていただいた
『麺屋大河』2号店の新店舗である、『鮮魚麺 海里』
1/23開店予定ということで誌面には記載しておりますが、
店舗工事により時期が延び、オープンは1月30日(月)になられたそうです。

読者の皆さまにはお知らせが遅くなり、大変申し訳ございません。
何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

大人気店の『麺屋大河』の新機軸として鮮魚系に挑戦する『海里』。
ファンの皆さまからも熱い視線が送られているかと思います。
オープンまであとわずか。
今しばらくお待ちください。

(編集部/佐々木美絵)

2017.01.20

金澤最新号、本日発売!


本日(20日)は月刊金澤2月号の発売日です。

表紙を見れば一目瞭然、今回の巻頭の特集テーマは「ラーメン」。
『金澤』が注目する各店の「極み」の一杯をご堪能ください。
数えてみたら計42杯、ひと月はゆうに楽しめます。

サブ特集は女性に向けたバー案内。
「いい眠りにつける一杯」や「デザート代わりの一杯」、
またはバーで楽しむバレンタインなど、魅力的な提案がいっぱいです。

ほか、シリーズ美食図鑑は「ぜんざい、おしるこ」、間近に迫るバレンタインチョコの特集や、
とっておきの際の手引きにもなる「大切な人と活きたい店」等々、使える情報が満載。

お近くの書店、コンビニ等で、ぜひ、手に取ってみてください。

(金澤編集部)

2016.12.20

金澤1月号は本日、発売です!


一年で最も濃密な期間を過ごしている編集部よりお知らせです。

本日は弊誌『金澤』の発売日です。

巻頭特集は「あの店の特等席」。冒頭に読者プレゼントのコーナーも設けております。内容に関してはグダグダとここでは申しません。書店、あるいはコンビニなどで、直接、その目でお確かめください。一年を締めくくるにも、あるいは新年を始めるにも最適な特等席が見つかるはずです。

もう一つの特集は「金沢のお宮さん」。すべて巡ると願いが叶うという「金沢五社」をはじめ、運を味方につけてくれる神社にご案内。新年はいつものお宮さん以外にも、いくつか訪ねてみてはいかがでしょうか。

ほか、シリーズ美食図鑑「すき焼き」に2016年に登場した「話題の新店」、「自分らしく暮らす家」に「今、注目したい活躍する女性」、そして新年号恒例の別冊付録「手みやげ帖」は今年も健在。読んで、使って、年末年始をお楽しみください。

(金澤編集部)

2016.10.20

超お得な「金澤」最新号が発売!


本日20日(木)は、弊誌『金澤』11月号の発売日です。

巻頭特集は「もてなしの宿」と題し、近県および県内の「心ほぐれる」宿を紹介。
サブ特集では「本」をテーマに、今の金沢に注目。タイトルはズバリ「本と、金沢。」です。

ほか、シリーズ美食図鑑はこの時期、ついつい手が出る「スイートポテト」を厳選。
加えてこれからのキー・パーソンが登場する「次代を創る期待の人」、
大人のためのファッション企画「秋冬の最新スタイル」などもご用意。

さらにさらに、11月号恒例の特別グルメ付録もちゃっかり付いてます。
タイトルを変え、サイズも大きくなって「えっ、これが付録?」といった
堂々の存在感を放っております。

ぜひ、書店・コンビニ等でお手にとってみてください。

(金澤編集部)

2016.10.12

『オーシャンセブン』の月刊金澤読者限定ランチ。


金澤10月号の『最高のランチ』では、
『シェ・ヌゥ』『ラ・ヴィータ』『オーシャンセブン』の3店より
月刊金澤読者限定のランチを期間限定でご用意いただきました。

先日『オーシャンセブン』にて、読者限定「秋尽くしコース」を体験してきましたので、少しご紹介しますね。

甘海老とウニの風味がたまらないアミューズ。このコースだけの特典です。


彩り豊かな前菜の中にも秋が盛り込まれています。生ハムの下には押水のいちじくが。


誌面でもご紹介したカマスと松茸の鉄板焼き。
ライムカリフラワーのペーストと、能登のいしるとアオサのバターソース、
最後にたっぷりとカラスミがふりかけられています。


シェフが鉄板で軽やかなテンポで仕上げるサンマの炒めごはん。こちらも同コースのみの特典です。
生姜の食感と爽やかな風味で、もりもりすすみます。
(こちらは、おなじみの「トリュフ卵かけごはん」へのチェンジもOKです!)

さらにサラダ(もしくは焼き野菜)、スープ(栗とさつまいも)、国産牛のステーキ(ヒレもしくはロースのいずれかをチョイス)、
デザート、コーヒーもしくは紅茶が付いて大満足の5,400円でした。
シックな店内は、ランチタイムも夜のような落ち着いた静けさがあって、とてもくつろげますよ。
11月20日(日)までの期間限定です。秋三昧のランチをぜひ!

なお、『シェ・ヌゥ』の読者限定ランチ「美食家たちの秋色デジュネ」は10月21日(金)まで、『ラ・ヴィータ』の「トスカーナの秋」は10月19日(水)までとなっておりますので、こちらもお急ぎくださいね。すべてご予約時に「月刊金澤の読者限定ランチ」とお伝えするのを忘れずに。
詳細は月刊金澤最新号をご覧くださいね。

◆オーシャンセブン 金沢市玉鉾1-84 TEL:076-220-7437 休/水曜

(編集部/田中佐和)

2016.08.10

片町の絶景を眺めつつ・・・


先週末の北陸中日花火大会は、
月刊金澤最新号の巻頭特集『やっぱり片町は好きです。』でもご紹介している
ジャズバー『RIVERSIDE』さんのテラス席で楽しみました。
2か月前から予約をしてよかった!
犀川に面したカウンター席をご用意いただけました。


犀川大橋側から大豆田グラウンド方面を眺めるとこんな感じ。
夕空を映した川面がきれいでした。絶景にカンパイ!


夕陽の明るさがほんのり残る空に、花火が上がり始めました。


花火は終盤へ。日中はなかなかの暑さでしたが、夜風は気持ちよかったです。
店主の篠崎文さんのジャズライブも楽しませていただき、最高の酔い心地でした。

今日もビールがおいしい暑さです。もちろん、今夜も片町へ繰り出す予定です!

(編集部/田中佐和)

2016.08.01

片町に呼ばれて。


只今発売中の月刊金澤。
「やっぱり片町が好きです」と題して、懐の深い町、片町エリアをご紹介させていただきました。

個人的に最近は、駅前エリアや郊外に行くことが多かったのですが、
今回の特集で片町の新しい魅力を知るにつれて、“片町行きたい病”が沸々と……。
そんなわけで、締め切りを終えた解放感とともに、暑気払いに片町へ行って参りました。

一軒目はおでんの『ちくわ』さんへ。
自家製のちくわも、タルタルソースがたっぷり添えられたアジフライも美味でした。
合わせて、黒板に書かれていた山形の銘酒を頂きましたが香り高くておいし~。
(すみません、写真を撮り忘れました…)

続いて二軒目は、『アロス』さん。
もはや説明不要の人気スペイン料理店。
次、どこ行く?となった時に、吸い寄せられる率の高いお店です。
樽出しのシードルと、ムール貝で乾杯!

三軒目は……と言いたかったところですが、この日はこれでお開きとなりました。
次の片町パトロールはいつにしようかと思いを馳せております。

なお、本誌の特集では「はしご酒の楽しみ」というコーナーを設けて、
素敵な女性の皆さんにお気に入りのはしご酒ルートをお聞きしています。
楽しそうなルートで、私も参考にさせていただきました。
是非ご覧になってみてください。

(編集部/佐々木美絵)

Next »


Copyright All right reserved KANAZAWA CLUB co.,ltd