HOUSEBOOK
8/20

ぬくもりが感じる、木の香りするお洒落なカフェにいるような住宅。施主の要望は二つ。「床座の生活スタイルをしたい」、「作り付け家具ですっきりした内装にしたい」という点。雑誌などでデザイン性の高い住宅を建てたいと思っていた施主に、『アントール』は要望通り、いや要望以上の提案を示した。デザイン性だけではなく、生活しやすさも重要。『アントール』のプロ目線からの提案で、施主のイメージ以上の住宅が完成した。掘りごたつ風のダイニングテーブルとシステムキッチンをつなげ、ダイニングを一体化させる、キッチン立つ人と座る人の目線がほどよい距離感を持たせてるように床の高さを調整する、採光を取り入れた際の陰影で部屋全体をより立体的な美観にする、など高度に計算されたプランに仕上がった。同社は、これから建てる住宅を3次元CGでプレゼンテーションしてくれる。立てる前からイメージできるので、失敗しない家づくりが実現できるというわけだ。antolアントール146

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です